つぴつぴと

「ツピツピ」と鳴く鳥の名がわからなくて、今年の夏ははじまりました。
名前はわからないけど気になる。
東御苑で聞いたのが最初。
次は、大垣城で。

それから、だいぶたって家にいたときに、また聞こえてきたので、ダイレクトに「ツピツピ」とWebで調べたら、簡単に四十雀と判明。
どうにか俳句に詠みたく挑戦。
(ここまでは、既にブログに書いたかと・・・)

結局、時間ばかり経過して詠めずに夏も終わり。


20160815-1.jpg


それがですよ、栴檀166号に「つぴつぴと・・・」という俳句が掲載されていました。
鳥の名は入れず他の季語で詠まれている。。。
なんとダイレクトな。
でもそう詠めばよいのかと・・・。

今から、おたまが「つぴつぴと」と詠めば、類句になる恐れが・・・。
あぁ~、残り十二音で勝負がしたい・・・。

秋になってしまったので、これは来年の課題とすることにいたします。。。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

No title

 やはり、この場合の鳴き声よりも、「四十雀」を直接詠む方が良いような。機会があれば、四十雀をしばらく観察してみてください

2016/08/15 (Mon) 15:18 | 海音 #I9hX1OkI | URL | 編集
姿が・・・

海音様、こんばんは

>  やはり、この場合の鳴き声よりも、「四十雀」を直接詠む方が良いような。機会があれば、四十雀をしばらく観察してみてください


いつもありがとうございます。
それがですね、姿が見えないんです。
だから、鳴き声だけ・・・。
鳴き声だけと言う四十雀の1句は詠んでみたのです。
でも、やはり、主が見えない名前がわからないということを詠みたいので、表現には「つぴつぴと」が良いような気がするんです。
ダメでしょうか?

2016/08/15 (Mon) 19:16 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
No title

なるほど、では、「つぴつぴと」と+「季語」で勝負して下さい!やはり具体的に場面がみえる季語が良さそう。
「四十雀聞きゐし人のもうをらず 海音」と私は詠んだことがあります。

2016/08/15 (Mon) 21:05 | 海音 #I9hX1OkI | URL | 編集
ありがとうございます

海音様、おはようございます。

> なるほど、では、「つぴつぴと」と+「季語」で勝負して下さい!やはり具体的に場面がみえる季語が良さそう。

具体的に場面が見える季語ですね。
最近は、鵯の鳴き声が良く聞こえます。
秋になったなぁ~って思います。
だから、焦らず来年の夏までに巡り会えたら・・・、って思っています。


> 「四十雀聞きゐし人のもうをらず 海音」と私は詠んだことがあります。

素敵な句ですね。
四十雀のあの甲高い鳴き声だけが取り残されていく感じが好きです。

2016/08/16 (Tue) 06:51 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する