櫂未知子さん講演

肉感に浸りひたるや熟れ石榴  鈴木しづ子

20160603-1.jpg
(大垣市/水門川遊歩道の石榴の花)


大会では、櫂未知子さんの講演がありました。
「二人の女性作家―鈴木しづ子・中城ふみ子」

鈴木しづ子が岐阜(各務原)に住んでいたことがあるという事から、同じ年代を生きた女性二人についての講演でした。
愛の描き方も色々あるんだと。。。
さらに、こんなにも素直に自分を描けるといいなぁ~とも。。。

櫂未知子さんは、とてもチャーミングな方。
同世代なので、頑張っているお姿に大きく拍手。

同世代の方が頑張っているのを拝見するに、おたまは、「なぜ、大学の時に俳句をはじめなかったんだろう」と、思うことがあります。
今、はじめたらからこその出会いもあるので、このような考えはダメですね。
この縁は、おたまの宝。
大切にしたいと思います。


鈴木しづ子の句はたくさんあるのに、この写真を載せたいばかりにこの句を選びました。
(写真は石榴の花なので、熟るるではおかしいですけどね)

大会翌日は大垣に行きました。
石榴の木がたくさんありました。
遠目から、何の花だろうととても気になる鮮やかな色です。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

花石榴徐々に気になるしわとしみ

こんばんは~。

櫂さんの講演があったのでしたか、それは聞きたかった。
あの方の句は面白いですね。青山で猫の句を採っていただきました。
櫂さんの結社、群青には凄い若手がゴロゴロいますね。
三村さん、堀下さん、大塚さん、W 青本さん、などなど。

2016/06/03 (Fri) 21:30 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集
こんばんは!

こんばんは!

夏みかん酢っぱしいまさら純潔など しづ子

図書館から借りてだいぶ前に句集を読みました。
美人で生き方がまた、凄いですね。

良い先生にも恵まれて句集を出してから
忽然と姿を消した彼女!!生きて居たら100歳近いのに・・
御元気だったら、どんな俳句!を詠まれるのでしょうか?


2016/06/03 (Fri) 23:38 | みなと #- | URL | 編集
蕾より妖艶なる花石榴

こんにちは。

> 櫂さんの講演があったのでしたか、それは聞きたかった。

すっごく楽しいお話しでした。
もっともっと聞きたいという感じ。

一応、会が終わってから個人的に丸山清子をアピールしておきました。


> あの方の句は面白いですね。青山で猫の句を採っていただきました。

櫂さんの句会もでた事があるの?
それはすごい。

> 櫂さんの結社、群青には凄い若手がゴロゴロいますね。
> 三村さん、堀下さん、大塚さん、W 青本さん、などなど。

翔ちゃんも、w青本さんもですか?
IQ高い集団ですね。
いつき組とはちょっと系統が違う集団って事でしょうか。

俳句キャラバンのチラシに「銀化 同人」と書かれていて「群青 代表」のことが書かれていないこと、突っ込み入れていましたね。

2016/06/04 (Sat) 10:13 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
こんにちは

みなとさん、こんにちは。

コメントの返信がエラーになってしまいます。

たぶん、内容に問題があるのかも?
過激な事は書いたつもりがないのだけど・・・。

だから、ものすごく簡素に書きます。

鈴木しづ子のその後興味がありますね。
謎なのがいいのかも?

あぁ~、これでは、言いたい事の十分の一も書けてない(悲)。

2016/06/04 (Sat) 10:43 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
No title

実は7月に3日間、東京に行きます。その第二日目がみのさんたちの「舞」の吟行で、第三日目が「群青」の櫂先生が主催されている超結社句会です(「群青」は、「舞」と同じく購読だけしています。)無点にならぬよう気をつけねば。

2016/06/04 (Sat) 18:49 | 海音 #I9hX1OkI | URL | 編集
花石榴その後のことは忘れよう

こんばんは。

補足です。
解散の、ではなく、櫂さんの句会ではなく、講座でした。
たしか、かいさん、さきさん、ぼうじょうさん、たかのさんの俳人同士の句会を鑑賞するという講座の時に、投句の講評があったやつだったと思います。

群青のメンバーについては、東京四季出版の俳誌要覧にその方たちのナイスな句が紹介されているのから判断しました。ちなみに、隔月刊(2016年より)、編集人、三村凌霄/大塚凱となってます。ここへ入ったら相当鍛えられると思います。年齢制限があるかもしれませんが。。。

2016/06/04 (Sat) 21:38 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集
句会三昧

海音様。コメントありがとうございます。

> 実は7月に3日間、東京に行きます。その第二日目がみのさんたちの「舞」の吟行で、第三日目が「群青」の櫂先生が主催されている超結社句会です(「群青」は、「舞」と同じく購読だけしています。)無点にならぬよう気をつけねば。

ちらっと、みのさんから伺っていますが、2日間も句会とは聞いておりませんでした。
どちらも羨ましい句会ですね。

海音さんが、無点なんて・・・、考えられない。
ご報告楽しみにしております。

2016/06/04 (Sat) 22:35 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
歳などは忘れてしまえ花石榴

みのさん、こんばんは。

> 補足です。
> 解散の、ではなく、櫂さんの句会ではなく、講座でした。
> たしか、かいさん、さきさん、ぼうじょうさん、たかのさんの俳人同士の句会を鑑賞するという講座の時に、投句の講評があったやつだったと思います。

それは、豪華なメンバーの講座ですね。
みのさんは熱心で、廃人じゃなかった、俳人目指しますか?

> 群青のメンバーについては、東京四季出版の俳誌要覧にその方たちのナイスな句が紹介されているのから判断しました。ちなみに、隔月刊(2016年より)、編集人、三村凌霄/大塚凱となってます。ここへ入ったら相当鍛えられると思います。年齢制限があるかもしれませんが。。。

若手が多いので、見るだけにとどめませう。
その輪に入れたとしても(年齢制限なしで)、鍛えられるかもしれませんが、山に登る前にへたばってしまいそう。
それに、今の居場所で、貴方若いわねって言われている方が、性に合っているかも。

2016/06/04 (Sat) 22:42 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する