夏落葉

黄花かと思ひて寄れば夏落葉
(黄花は季語?黄色い花の意味で使ってみたものの・・・?)

20160513-1.jpg


大奥跡の芝生広場の端に、黄色い花が咲く木が見えました。
遠くに見えるあの黄色い花の木は何だろうと、同行の皆さんと近寄りました。
ビックリなことに、それは、花ではなく葉。
正式名称は「クロガネモチ」とありました。


20160513-2.jpg


ご同行の方と歩きながら子どもの頃の思い出話。

「竹の皮に梅干しを入れて吸ったよね」
「スカンポかじったよね」
ここまでは、おたまも記憶にあります。

さらに「茅花、嘗めたよね」と、お一人が・・・。
その場に居合わせた皆さん「???」
茅花って嘗めます?

でも、ある歳時記には甘い味がするって書いてありました。
と言うことは、茅花を嘗めたりもするのですね。
漢方になるとも書いてありました。


20160513-3.jpg


これが茅花とお知らせしたら、「名前は知っていたけど、見るのは初めて」と、お連れのお一人がとても感動されていらっしゃいました。
季語を、実際に見るといいですよね。
更に、1句出来たらもっといい!!ですね。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

No title

こんちは~。

「思ひて」は不要かと。
クロガネモチの落葉だったとのこと、この時期竹落葉などという季語もあるので同じ現象かとも。

茅花流しとかいう季語もあるけどまだ早いか。水曜は大倉山吟行だったけど凄い風でまいった。雨がなかったのには助かった。

7月9日(土)戸塚近くの某若手大物俳人と吟行もあるけど。

2016/05/13 (Fri) 09:31 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集
待ち合わす時間に遅れ夏落葉

みのさん、今晩は。

> 「思ひて」は不要かと。

おぉ~、プレバトの夏井組長にツッコまれているような内容ですね。
おっしゃるとおり!
これから、推敲します~

> 茅花流しとかいう季語もあるけどまだ早いか。水曜は大倉山吟行だったけど凄い風でまいった。雨がなかったのには助かった。

みのさん、あっちこっちに出没していますね。
そのパワーには圧倒されます。

> 7月9日(土)戸塚近くの某若手大物俳人と吟行もあるけど。

若手大物俳人??
どなたか伺いたい・・・。

でもね、7月9日は、主宰の句会で・・・。
主宰の句会は、とても楽しみなの。
あぁ~、それもダメかも(悲)。

2016/05/13 (Fri) 21:09 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する