夏来る

毒消し飲むやわが詩多産の夏来る  中村草田男




今年の立夏は5月5日だとか。
4日のあの嵐のような天候と打って変わって、5日は、完全なる夏日でしたね。

おたまは、夏生まれだけど夏が嫌い。
結構、この毒消しさんにお世話になる。
お世話になりつつ、じっと涼しくなるのを何も考えず過ごす。
だから、夏の句は少ないかと思ってカウントしてみた。

結果は、おたまの俳句は、春がダントツ多かった。
他の3季節はほぼほぼ同じ数。
これは、結構、納得できる結果かも・・・。

  毒消しの封まだ切ず夏来る  おたま


そうそう、ひらのこぼの『俳句発想法歳時記 夏』見つかりました。
その歳時記の冒頭に、「夏は多彩な季語が多く俳句づくりの大チャンス到来である」と。。。
でも、おたまにとってのチャンスは、梅雨明けまでで、その後は大人しく過ごします・・・。

連休前より徐々に衣替えをしていたのですが、歳時記は、その冬服の山に隠れていました。
連休に、衣替えの続きをして見つけました。
お騒がせしました~




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する