俳句発想法歳時記(ひらのこぼ・草思社文庫)

小手毬を撥ねてわが手へ風の来て

20160420-1.jpg


今月は、『俳句発想法歳時記』春~冬(ひらのこぼ・草思社文庫)を購入しました。

4月号の結社誌の4句選に選ばれたのは先日書いた通りですが、その4句(特にその内の3句)がどうしても心に引っかかる。
俳句の形としては良くできているって自分では思います。
でも、その句は固いというか古めかしいというか肩肘を張りすぎているというか・・・(すでにブログにそのように書きました~)。

いつもこういう作風の句を詠んでいるわけではなく、たまたま4句揃っちゃったのかなぁ~って思うようにしていますが、きっとそんなことはないのだと。。。
丸山清子としての作風はこのような内容なのだと思います。
その丸山清子風を脱するためにこの歳時記を購入。
この本は歳時記と言うより、アンソロジーって感じでしょうか。
例句も最近の俳人の句が多く、季語の捉え方がわかりやすく、読んでいてとても楽しい。
購入してから、毎晩寝る前に読んでいます。


20160420-2.jpg


脱丸山清子の時来たり。。。

あっ、作風は変えても俳号は替えるつもりはありません・・・・ヨ。
その前に、作風が簡単に変わるかが問題ですけどね・・・。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

俳句発想法歳時記について

今朝の標記件名について、大変参考になり、思想社に早速注文しました。

2016/04/20 (Wed) 17:18 | 中村哲明 #tvfmPAiE | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/04/20 (Wed) 17:40 | # | | 編集
お役に立てたでしょうか

中村哲明様、コメントありがとうございます。

> 今朝の標記件名について、大変参考になり、思想社に早速注文しました。

こんな簡素な内容でしたがお役に立てたでしょうか?

でも、若い方の作品も多くとてもワクワクする歳時記です。
お手に届きましたら、感想教えて下さいね。

おたまは、今は、もっぱらこの歳時記を使っています。
頭をガチガチの俳句モードにする必要もありませんし、読み物としても楽しいです。

2016/04/20 (Wed) 21:18 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
小手鞠を・・・誰が 撥ねるの?我が手?風?

この17音は。。どんな景だろう。。。と考え込みます。
風が吹いて この花が ユラユラしたのかなぁ。。

そうですね。。この歳時記は 車内で読むと 夢中になります(笑)
アンソロジー。。ですか?そうなんだ。

作風。。かぁ。。一番 良いのは 色々な形。。。でしょうか?
ワンパターンを 作風だと 言い訳したら ダメだとも思う。
これは 私のコトで 私の反省なんですけどね。

広い意味で 柔らかい脳みそは 必要だと思ってます。

ただ 分かってるけどね。。と言いながら 最後には 自分の好みに
偏ってしまう。。が 私の悲しい現実です。それって 柔らかくないやんね(笑)

2016/04/20 (Wed) 23:41 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
No title

 この歳時記に拙句が、数句載っていた気がします。

2016/04/21 (Thu) 00:02 | 海音 #- | URL | 編集
一応風のつもり

華子さん、お早うございます。

> この17音は。。どんな景だろう。。。と考え込みます。
> 風が吹いて この花が ユラユラしたのかなぁ。。

風のつもりなんだけど無理?

この時期、雪柳と小手毬の違いって何だろう?と思ったら、小手毬に風がポンと撥ねる?、風で小手毬が撥ねる?ではと思った。
でも、この句は、すんなり伝わらないかも?

> 広い意味で 柔らかい脳みそは 必要だと思ってます。

そうなんですよ。
年々、脳みそが硬化するでしょ。
そのために、この歳時記いいですよね。

華子さんの脳みそはやわらかいと思いますよ。
取り合わせが出来る。
清子は、取り合わせよりも、一物仕立てが多い。
一物仕立てには、大きな冒険はないと思うんです。

そこで、やわらかい脳みそが欲しい(笑)。

2016/04/21 (Thu) 06:38 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
Re: No title

海音様、お早うございます。

>  この歳時記に拙句が、数句載っていた気がします。

ごめんなさい。まだ、お会いできていないようです。
春にいらっしゃいますか?
まだ、春をペラペラしています。

神野紗希さんや夏井いつき組長を見つけたときは感激!
海音さんを見つける感激もあるのですね。
楽しみにしています。

海音様、いろいろ教えて下さってありがとうございます。
詠み続けること、読み続けることが、問題解決なんですよね、きっと。
ふらふら、ウロウロ、ヘロヘロしながらじっくり俳句と向き合って行きたいと思います。
海音様のお言葉、「まだ地固めの時、焦るな、続けよ」って受け止めました~
本当にありがとうございます。

2016/04/21 (Thu) 06:46 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する