地獄の釜の蓋

覗けども踏まず地獄の釜の蓋

20160418-1.jpg


4月9日「旧芝離宮恩賜庭園」~「竹芝ふ頭周辺」を東京句会の吟行。

旧芝離宮恩賜庭園に入ってすぐにこの金瘡小草に気がついた。
実は、季語として「地獄の釜の蓋」を知った時から探していたのに、身近には見つけられず・・・。
半ば、今年はあきらめのモードでいたら偶然にもお目にかかる事に。

地獄の釜の蓋とは、金瘡小草(きらんそう)のこと。


話変わります。
この吟行の時、いっぱい写真をスマホで撮ったのですが、本体が熱を持って撮影が続けて出来なくなりました。
なんかメッセージがいっぱい出てくる・・・。
そこで、データ使用量を見ると凄い!!

これは、写真撮影自体が問題ではなく、スマホちゃんがその写真をクラウドにせっせとUpしてくれていたのが原因ではないかと思います。
熱くなってメッセージを送るほどの過労で・・・可愛そう。
それに通信料がかかるし・・・。

と言う事で、家に帰って、Wifiの時だけクラウドに接続するように設定しました。
これで解決するといいのだけど・・・。
まだまだわからない事がいっぱいのスマホちゃんです!



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

おはようございます

地獄の釜の蓋=金瘡小草 初めて聞くお花です。
雪が降らない地ですから もう咲き終わりに近づいて居るのでしょう

スマホを持って居ないので
チンプンカン・・で (笑) コメントが出来ずごめんなさいね( ;∀;)

2016/04/18 (Mon) 10:43 | りまど #- | URL | 編集
地獄の釜の蓋

りまどさん、こんにちは。

> 地獄の釜の蓋=金瘡小草 初めて聞くお花です。

衝撃的な名前ですよね。
這うように咲くので、蓋をしてくれて地獄に落ちないそうですよ。
それでも、怖くてその上は歩けませんでした~

> 雪が降らない地ですから もう咲き終わりに近づいて居るのでしょう

そうなんです。
4月に入ってこの季語を知りました。
見つけるために、結構、あちらこちら歩いたつもりですが、見つけられなかったのです。
でも、まだ、花のある時期にあえて良かったと思います。

> スマホを持って居ないので
> チンプンカン・・で (笑) コメントが出来ずごめんなさいね( ;∀;)

大丈夫です、気にしていませんよ。
おたまは、今、スマホに凄くはまっています。
ちっちゃなパソコンみたいです。

2016/04/18 (Mon) 12:35 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
No title

私もこの春初めて「地獄の釜の蓋」に遭遇し感激しました。

俳句を始めて3年目に突入です。何とかかんとか俳句の表面的な体裁らしき
ものには近づいてきたように思いますが、おたまさんおっしゃるところの「詩情」が
出てこないのですよねえ。
そこはかとない詩情が漂うまで、後3年はかかりそう・・・。10年
かな?一生出てこないとは、考えないようにしています。

2016/04/19 (Tue) 08:58 | 智子 #Iob/sSzg | URL | 編集
よろしくお願いいたします。

智子様、はじめまして。
コメントありがとうございます。

> 私もこの春初めて「地獄の釜の蓋」に遭遇し感激しました。

俳人の端くれとしては、季語に出会える事が感激ですよね。
これからも、この出会いを大切にしていきたいと思います。

> 俳句を始めて3年目に突入です。何とかかんとか俳句の表面的な体裁らしき
> ものには近づいてきたように思いますが、おたまさんおっしゃるところの「詩情」が
> 出てこないのですよねえ。

俳句を始めて3年目に突入とは、俳句歴はおたまと同じですね。

「詩情」難しいですよね。
「感情」では、言い過ぎと言われるし・・・。

> そこはかとない詩情が漂うまで、後3年はかかりそう・・・。10年
> かな?一生出てこないとは、考えないようにしています。

まだ、おたまは、自らを初心者と言っています。
3年計画、5年計画、10年計画で楽しめたらいいなぁ~って思います。
それまで、飽きずに楽しんでいる自分がいるのか不安になる時がありますが、ここまで来れたので、このあとも末永く行けますよね、きっと。
お互いに楽しみましょうね。

2016/04/19 (Tue) 12:32 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する