團子屋に子規の心地の春の句座

20160407-2.jpg
(日暮里/羽二重団子本店)


格助詞「で」は、動作・行為性の動詞の場合に使われ、 格助詞「に」は、存在性の動詞の場合に使う。

「~で…する」
「~に(…が)ある・いる」
というのが原則。

それなら、「團子屋に」は、「團子屋で」か・・・。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する