吟行下見(5)

漱石の通ひし道や落椿

20160312-1.jpg


句会場として、羽二重団子本店を予約。


20160312-2.jpg


この羽二重団子は、夏目漱石の「吾輩は猫である」に登場している店。
正岡子規も「芋坂も團子も月のゆかりかな」など、多数の句を詠んでいます。
その他文豪にも縁の団子屋でもありますね。
こんな素晴らしい会場で句会が出来るなんて、すてき・・・。


これで、吟行下見、おしまいです。
吟行下見記事の最後に来て、やっと俳句らしくなりました。


当日は、どんな春と出会えるでしょうか。
とても楽しみ♪



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

No title

吟行下見お疲れ様でした♫

谷中ぎんざ→谷中墓地を抜けて→鶯谷の子規庵
→羽二重団子・・・のルートは、坂もあって結構ハード
ですが、好きな俳句のためなら・・・!(^^)!

 天気よし目鼻膝よし苜蓿   十志夫

となるといいですね。

2016/03/13 (Sun) 08:12 | 十志夫 #qHG4eVTQ | URL | 編集
谷根千

十志夫様

お早うございます。

確かに、結構ハードかもです。

でも、みなさん行きたいところがたくさんあって・・・。
一応、かなり絞り込んだつもりで・・・。
おたまも入れて若手が多いので(?)そのあたりが救いでしょうか。

あと数回は、あのあたりで別コースの吟行ができますね。
上野まで行ってもいいし。

ほんと、当日は天気が心配。
雨天決行なので、雨が降ったら谷中霊園がどんなになるのか・・・。
考えないことにしませう。

2016/03/13 (Sun) 10:40 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する