8 Comments
春光をまはしてゐたる観覧車

20160213-2.jpg


写真みてて詠めちゃった俳句です。

子どもと行ったラーメン屋さんを出てすぐ、この太陽と観覧車の重なり具合に気がつきました。

見たまんまを詠む。。。
自己満足だけど結構楽しいかも!?
ねっ、山走子サン?
(いつも見たまんま俳句・日記俳句と嘆いていらっしゃる山走子さんのブログ「こんな写真×詠んでみた」へもどうぞ~)


ブログと合わせて考えると、この日記的俳句面白いかもです。
これは!と思う句は、結社用・俳句会用に取り残しておく。
そんな自選もしつつ・・・。
と、言いつつブログと俳句のあり方模索中です~




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

おたまおばさん
Posted byおたまおばさん

Comments 8

There are no comments yet.
うらら  
No title

春光をまはしてゐたる観覧車

初めまして。この句よいのではないでしょうか。
私もおたまさんと同じくらいの句歴です。時々覗かせて
いただいています。私も俳句総合誌に何回か投句しましたが、佳作止まりです><
最近、結社に入りそちらに投句するようになりました。
そのほうが本来的のように思います。最初からそうすればよかったと後悔しています。

2016/02/15 (Mon) 11:32 | EDIT | REPLY |   
りまど  
おはようございます

春光をまはしてゐたる・・がとても
上手いと思いました。
それに写真がとても良い!

2016/02/15 (Mon) 11:44 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
うらら様、はじめまして

うらら様、はじめまして。

掲句にお褒めの言葉ありがとうございます。

> 私もおたまさんと同じくらいの句歴です。時々覗かせて
> いただいています。私も俳句総合誌に何回か投句しましたが、佳作止まりです><

このつたないおたまブログいろいろと読んでくださってありがとうございます。
同じぐらいの句歴とか。。。
おたまは、最近スランプに陥りますが、うらら様は大丈夫ですか?


> 最近、結社に入りそちらに投句するようになりました。
> そのほうが本来的のように思います。最初からそうすればよかったと後悔しています。

やはりどこかで習うことが大切なのかも。。。
それが、入門書であってもいいと思うのですが、一人ぼっち感は否めないです。
結社でも、カルチャーセンターでも、自分のあった居場所が見つかると嬉しいですね。

きっと、うらら様にとっては、その結社、前向きに俳句を考えさせてくれるよい結社なのでしょうね。

また、遊びに来てくださいね。
もし、宜しければうらら様のホームなども教えて頂ければ嬉しいです♪

2016/02/15 (Mon) 12:32 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
偶然のタイミング

りまどさん、こんにちは。

> 春光をまはしてゐたる・・がとても
> 上手いと思いました。

ありがとうございます。
でも、この写真がなかったとしたら、みなさんに、このような映像が浮かぶのでしょうか?
そんなことを自問自答しながら、写真俳句にしました~

> それに写真がとても良い!

これは、本当に偶然のタイミング。
我ながらシャッターチャンスをしっかりものにできたこと喜んでいます。

明日は、そのラーメン屋さんがブログに登場します~
こうご期待!

2016/02/15 (Mon) 12:36 | EDIT | REPLY |   
うらら  
No title

おたま様
お返事有難うございました。嬉しかったです。
ホームをお教えください、とありましたが、ホームとは
所属している結社のことでしょうか?
それでしたらもう少しお待ちください。なんせまだ入ったばかりですし、そもそも肝心の俳歴も二年ちょっとで
とても名のる勇気がありません。それでなくてもこちらのブログはたいそう人気が高いようで、いろんな方がみてらっしゃるでしょうし・・・。

名は言えませんが、比較的主宰は若く(俳句界では若いという意です)よって会員も相当な年配者はいないような感じです。やはりある程度の若さがないと時代の空気感など共有できないのではないかと・・・
そういう意味ではよい結社に入れたなあと思っています。

2016/02/15 (Mon) 15:45 | EDIT | REPLY |   
山走子  
No title

自分は興味があちこちに及ぶので、結社に入って俳句を勉強するって事はしばらくは無いかな(笑)

日記俳句(?)は、とりあえずスルリと十七音が出てくるので推敲もせずって感じで楽ちんですよ。
自分の記憶のトリガーとしては最適かも。

で、私のブログは鳥の写真の整理場所でもあるので。
何時でも何処からでもアクセス出来て、検索も可能ってのが便利かなと。

2016/02/15 (Mon) 16:59 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
こちらこそありがとうございます。

うらら様、たびたびのコメントありがとうございます。

そうですよね、入ったばかりでは結社のこと言えませんよね。
慣れてきたころに、チラッと教えて下さいね。

> 名は言えませんが、比較的主宰は若く(俳句界では若いという意です)よって会員も相当な年配者はいないような感じです。

それは、素敵な結社ですね。若さは魅力ですよね。

おたまのお世話になっている結社の東京句会も、結構若いです。
男女の比率もよく、楽しい句会だと思います。

おたまは、仕事をしているので、朝と昼休みと夜にブログを覗きます。
どの時間帯も、忙しいと覗けなくなるので、お返事が遅れることもありますがお許し下さいね。

2016/02/15 (Mon) 20:18 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
日記俳句

山走子さんは、興味が多岐にわたっているので、結社に入らなくても十分では。。。
結社に入ったら、他の趣味が出来なくなると思いますよ。

> 日記俳句(?)は、とりあえずスルリと十七音が出てくるので推敲もせずって感じで楽ちんですよ。
> 自分の記憶のトリガーとしては最適かも。

写真と合わせて出てきた十七音に満足してUPすることにしました。
でも、あとでこれは他に出したいって思ったりしませんか?
ブログも既発表扱い?

難しいことはわからないけど、結社の句会に出した事はあります。
でも、OKなのか?今度聞いて見たいと思います。

2016/02/15 (Mon) 20:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply