草の花ネット句会(12月句会)

草の花ネット句会(12月句会)
兼題(障子) 1句・ 自由題 2句 合計3句投句
草の花同人会長 鈴木五鈴先生選


白障子越えて囁く雀かな (互選1点)


菊枯れて道灌山の道昏き (互選3点)


猫の来て大きく撥ぬる毛糸玉 (互選1点)


20160204-1.jpg




主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

全部に点が入ったのですね。。。おめでとう~

スルーが無かった。。とは 素晴らしい結果ですね。
3点は 高得点だなぁ。。採った人の鑑賞を聞きたいなぁ。。
道昏き。。この地名になんかイメージがあるのかなぁ。。

最近 分かったのですが 岩津先生は カルチャーでは
生徒さんが俳句を楽しめるように。。。授業している。
南風の句会とは 少し違うのだ。。と 気がつきました。

だから 鑑賞タイムを多く取って
「どう思いますか?」で 生徒さんを飽きさせない。
思ったことを言えば良いのよ。。って空気が 俳句は
楽しいなぁ。。に繋がるのかも。そして 色々な発想は
大切だなぁ。。と学べるのかも。

ネット句会は それは無いかもしれないけど
それでも 俳句に挑戦できるし 楽しめるし。。
やっぱり ネットはすごい!

2016/02/04 (Thu) 11:03 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
ネット後退宣言・・・

華子さん、コメントありがとうございます。

実はね、正岡子規の「背戸の菊枯れて道灌山近し」から・・・。
だから、半分以上は正岡子規のお手柄。
でもね、道灌山はすぐ近くなんですよ。
吟行と称してふらふらしていると、正岡子規と同じ風を浴びている自分にうっとりします。
ありがたいなぁ~って、心底思いますね。

ネットって、度量が広く、誰でも受けとめてくれる反面、やはり一方通行感がする・・・。
あとね、ネットって結局、句会といいながら既発表句になってしまうでしょ。

ということで、この草の花の句会も、1月分の投句(発表2月)をもって辞めることにいたしました。

今後は、ネットに頼らない、鉛筆と消しゴムのアナログの世界に浸ろうかと・・・。

岩津先生の句会楽しそうですね。
俳句をみんなで楽しんでいる様子が伝わって来ます。
俳句で生計を立てていくような俳人になるわけではないのだから、楽しいのが一番ですよね?

2016/02/04 (Thu) 12:32 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する