谷中[お寺] 本行寺(月見寺)

本行寺(月見寺)

JR日暮里駅西口の御殿坂を谷中方面へ向かうと、すぐ右手に長久山本行寺(ほんぎょうじ)があります。日蓮宗のお寺で、高台のへりに位置し景勝の地であったことから通称「月見寺」と言うそうです。

開基は太田道灌の孫の資高(すけたか)と伝えられています。本行寺は大永6年(1526)江戸城内平河口に建立され、江戸時代に神田・谷中を経て、宝永6年(1709)現在地に移転しました。

二十世の日桓(にっかん)上人(しょうにん、俳号一瓢)は多くの俳人達と交友があり、小林一茶はしばしば当寺を訪れ、

 青い田の 露をさかなや ひとり酒

などの句を詠んでいます。


住所:東京都荒川区西日暮里3-1-3

本行寺(月見寺)谷中・根津・千駄木の地域紹介をしています。応援クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

FC2 Blog Ranking



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する