谷中[博物館] 大名時計博物館

陶芸家故上口愚朗氏のコレクションを保存するために財団法人が設立され、二代目の上口等氏によって開館された博物館です。
現在は、2代目も亡くなり、2代目の奥さまが管理なさっています。

実は、この奥さまとおたまの旦那さまとは、お友達です。
でも、この博物館に来たのはこれが初めて。

大名時計博物館1

大名時計博物館2

江戸時代の大名お抱えの時計師たちが作った櫓時計、台時計、枕時計、尺時計、印籠の形の時計が並んでいます。
大名時計は、西洋での24時間定時法ではなく、「不定時法」を用いた時計で、日本独特の設計だとか。
「不定時法」とは、日の出日の入りを基準にしたを採用したもので、月によって昼夜の長さがマチマチ、当然きまじめに時を刻み続ける機械式時計とはずれが生じるので、「時計師」と呼ばれる職人さんがつきっきりで調整をしていたそうです。
大名時計博物館3

大名時計博物館4



大名時計博物館
ホームページ なし
住所 〒110-0001
東京都台東区谷中2-1-27
電話 03-3821-6913
入館料 一般300円
大学生・高校生200円
小・中学生100円
休館日 月曜日
夏期7月1日~9月30日
年末年始(12月25日~1月14日)
交通 地下鉄千代田線「根津」駅より徒歩10分
JR「日暮里」駅から徒歩15分

住宅街にあり、とってもわかりにくい場所です。
下の地図を拡大して持っていくのがいいでしょう。
それでもわからなかったら、迷わず尋ねるのが得策です。
(地図をクリックすると拡大されます)
大名時計博物館谷中・根津・千駄木の地域紹介をしています。応援クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

FC2 Blog Ranking



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する