子規庵 一人吟行1

9月26日(土)、雨が上がったのを確認して子規庵へ、電動自転車で行って来ました。

10:30~12:00までが、午前中の展示時間とあったので、自宅を10:00に出発。
曼珠沙華はすっかり枯れて、萩や鶏頭、金木犀、芒の季節に移り変わっていました。
と言うことで、写真を撮るのに大忙し。
写真撮っていたら、10:30、ゆうに過ぎてしまいました。

子規庵の周りはHOTELばかりで(聞いてはいましたけど、LOVE HOTEL街です・・・)、やはり衝撃でしたね。
でも、そこはおばちゃん、何の躊躇もなくそのHOTEL前に自転車を置いて子規庵に入りました。


20150929-1.jpg


入口では、ボランティアの方が「はい、そこに立って。写真撮ってあげるよ」と写真を撮って下さいました。


日暮里を越えて根岸へ秋の昼


20150929-2.jpg


どちらの写真も、写俳亭みのさんのブログの写真と同じですね。
でも、庵内を撮影出来ないし、もともと狭い家ですからしかたないとお許しください。。。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

鶏頭の尖りて糸瓜まるく垂れ

こんにちは。

やはり曇っていただけに中まで撮れてますね。
私の時は天気良かったので、どうしても部屋の中が黒くつぶれてダメでした。
ヘチマも鶏頭も机もlove hotelも上手く撮れてます。
写真も撮ってもらえたとは良かったですね。

2015/09/29 (Tue) 16:15 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集
子規の顔

 子規庵。23日行ってきました。
 毎年、季節の変わり目に伺っています。
 
 今回は、子規の顔。自画像と自作の頭の塑像がありましたね。
 案内の人が、塑像に子規の指紋が付いていると言っていました。

 自画像は、何やら話しかけたそうな感じでした。
 

2015/09/29 (Tue) 20:22 | 晋也 #- | URL | 編集
To 写俳亭みのさん

みの様、お褒めの言葉ありがとうございます。
明日の写真は、もっと机が見えます。
でも、いつも人が座っているので、タイミングが難しかったです。

でも、暑くもなく寒くもなくサイクリングにはちょうど良い季候でした~

入口で写真撮って下さった方が、糸瓜の下でも撮影してあげると言って下さったのですが、いつの間にか消えてしまいました。
だから、糸瓜の下の写真はありません。
糸瓜だけの写真はたくさんありますが・・・。

2015/09/29 (Tue) 21:13 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
To 晋也さん

晋也さん、勉強熱心なんですね。

清子は、こんなに近くにいながら初めて行きました。
それも、俳句ポストがあるのをニュースで見なければ、まだまだ行かなかったかも・・・。
晋也さんも、筆ペンで1句したためましたか?
あまり見ると真似してしまいそうなので、じっくり見ていないのが心残りです。

塑像には子規の指紋があったのですか?
気がつきませんでした。
話しかけたそうと言うより、淋しそうな顔に思いました。

また、電動ベンツ走らせて行ってみたいと思います。
山をひとつ越えるので、自転車も電動でないと行けませんね。
それも、行くぞ!!って、思わないと足腰がついていかない。。。

月末の投句、全部済ませました。
残るは、結社の分と、俳句ポストと、まいまいクラブ。。。
う~ん、そう考えるとまだまだ残っているって感じですね。
まずは「栗」から片付けます~

2015/09/29 (Tue) 21:24 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する