栴檀東京句会

9月12日、主宰をお迎えしての栴檀東京句会がありました。

参加15名
事前投句5句
選句7句(うち1句特選)


事前投句のため、句会の時点では季節がまったく変わってしまっています。
今読むと恥ずかしくて取り下げたい気持ち、ああすればよかった、こうすればよかったと思うことしきりです。
(いやぁ~、これは毎回ですが・・・)


事前投句5句結果です。

花木槿虫喰ひの葉を隠しけり (互選3点)

おたまとしては、視点がいいと思ったのですが、同じく虫食いを白芙蓉で詠まれた方がいらっしゃいました。
主宰点が入りませんでした。
理由は、季語が動くと言うことでした。
木槿でも芙蓉でも詠めるってことは、確かに動くってことですよね。


秋暑し疲れ切つたる終電車 (互選3点)

こちらも主宰点が入りませんでした。
おたまとしては、リズムがよく5句のうちこの句が一押しのつもりでした。

主宰に、「自分では一押しのつもりでしたが・・・」と、問題点を伺うと、「言い過ぎ(句材を入れすぎ)。秋暑しという季語に、もううんざりという気分がある。秋が来ているのに暑くてへとへと、疲れ切ったるでへとへと、終電車が疲れているのはあたりまえ」と教えて頂きました。

たぶん、電車も疲れているだろうって思うのは、夏なんだと思うんです。
おたまは、弟と従姉妹とお食事をしての帰りの丸ノ内線で詠んだ句です。
終電車ではありませんでしたが・・・。
それと、真夏で秋でもありませんでしたね・・・。

実は、この句、句友のヤッチーさんの「夏の夜の疲れたる回送電車」の句と、とてもよく似ています。
類句と知った時点で取り下げる、忘れ去ることが正しいと思います。
おたまとしてはここまでと考えていること、この場でお伝えしておきます。


20150914-2.jpg


残り「初ちちろ」「かなかな」「落蝉」の3句があります。こちらは栴檀雑誌に投句するため、また後日。。。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

こんにちは。

>花木槿虫喰ひの葉を隠しけり

季語が動くとの主宰の評、お勉強になりました。
季語が動かないって、難しいですよね、
 
>秋暑し疲れ切つたる終電車

主宰の評に、またまた納得です。難しいですよねぇ、俳句は。
言い切らず、半分言ってあとの半分は読み手の想像力に託すという。
句会に出席なさり、どんどん句力がつきますね☆ 羨ましいなぁ・・・♪

2015/09/14 (Mon) 14:17 | mariko789 #MRjdEOwU | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/14 (Mon) 19:08 | # | | 編集
To mariko789さん

marikoさん、コメントありがとうございます。
句会は勉強の場で楽しいのですが、組長と主宰の句風がまったく違うので、最初はとても戸惑いました。

最近は、私らしさを目指すことにしたので、その戸惑いも感じなくなってきましたが。。。
自分らしさを目指しつつも、組長の所では、たまに冒険しますね。
うまく行った試しはありませんが・・・。

2015/09/14 (Mon) 20:37 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
おはようございます

おたまさん
おはようございます。

良く似てる句を詠んだヤッチーです。

おたまさんとは同じような句を詠むことが多いいですよね。
なんでかな?

まず私の場合は俳句大学ネット句会に出したもので兼題が「回」でした。
開句が8月8日で選句結果は8月11日でした。
互選で2点はいりました。
講師選では0点でした。

私はネットの句会に出した句は無点句でも捨てないで自分の句として全て保存しています。

おたまさんのお句ですが私だったら自分の句として堂々と保存します。
そして講評を頂いていることで推敲するかしないか迷うところです。
どちらにせよ捨てることはないお句と思います。

2015/09/15 (Tue) 07:42 | ヤッチー #- | URL | 編集
「疲れ切る」は クエスチョンマークかな?

昨日は 叉 ラジオ録音失敗しました。今回は 起動忘れ(笑)

私も句会では 全くダメで 人様のお句にあれこれ言える立場ではありません。
あああ 俳句雑誌もダメだったわ。。オールダメな華子さんです。

けど 最近は どうしても 思考回路がこうなります。
この一句が「南風くの会」あるいは「岩津先生 芦屋句会」で見たら
自分は 採るだろうか。。って考える。この思考回路に 夏井先生の句会は
入ってません。一度しか参加したことが無いからだと思う。

で この2つ たくさんの互選が入ってるので 良い句なんだと思う。
皆さんの鑑賞は どんなモノだったのでしょうか?そこが聞きたいなぁ。

「秋暑し」は すぐに 採らないと思いました。スイマセン。
疲れ切った。。暑いから 疲れ切った。。

「花木槿」は。。。その花らしさを詠まないと 一物仕上げには
苦しいかと。この花は 虫食いが多いのかなぁ。。と思いました。
「隠す」がオリジナリティだとも思いますが。。

「秋暑し」私も 今年2つ 失敗しました。悔しいね。
私の場合も 「言い過ぎ」だったような気がします。これでもか!
みたいな写生と合わせたのが ダメだったような気がする。

2015/09/15 (Tue) 09:37 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
ここに来て、また・・・

また、類想類句。

9月13日に、一句一遊に投句した句。
一晩「俳句」を寝かせることもなく、思いついたものをポンと投句。
我ながらリズムよく、すらすらと出来上がって、さっさと投句した句です。

それが、一晩「おたま」が寝たら、類似句があったのでは?と夢に出てきて・・・。
「どこだったか」「誰の句だったか」と、本を捲ったり、webを検索させたり。。。
確かにありました!!
それも俳句ポストの地選でした・・・。

結果放送はまだ先ですが、今朝方、一句一遊のご担当者様宛に取り下げのお願いのメールを送りました。
先日のヤッチーさんの件は見ていないと断言できるので、結果が出るまでそのままにしておりましたが、こちらは、完全に見たので、事前取り下げがよいと判断。

あぁ~、これでは、詠むことが怖くなる・・・。
でも、これらにめげず、恐れず詠み続けて行きたいと思います。

2015/09/15 (Tue) 12:25 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
To ヤッチーさん

ヤッチーさん、コメントありがとうございます。

たぶん、終電車の中7を替えれば俳句としては出来上がるかと。。。
主宰からもそのように修正の方向性を頂きました。
そうすれば、類似句にはならないのかも?

でも、この句は、ブログに載せた時点でもう満足。

これからも、このようなことがあるかもしれませんが、懲りずによろしくお願いいたします。

2015/09/15 (Tue) 12:46 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
To 華子さん

華子さん、コメントありがとうございます。

一句一遊は、昨日の月曜日にお手紙が登場していましたよ。

花木槿と言うより虫食いに詩的感情があるかどうかという話をしている方がいらっしゃいましたね。
「花と虫食いのはのコントラスト」と説明したのですが、「季語が動く」とばっさりでしたね。

俳句は失敗も多いけど、それが肥やしになるって慰めています。
長くつづける事が緩和策かなぁ~?

2015/09/15 (Tue) 12:58 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
丸山清子様へ

携帯を見て 走ってきました。
気が利かなくて ごめんなさいです。

「五月尽」が載ってます。無印です。

上の記事 さらっと読んだだけなんで。。ですけど
その類想類句で 取り消す。。って。そこまで 深刻なモンダイなの?

無意識に どこかで見た作品に 似たものを 出した。。ってコト?
わぁ~ 投句ごとに そこをチェックするんですか。。
見てません。。知りませんでした。。ってコトも あると思うけど。

指摘(もしもし。。似てますよ)があってからだと ダメなの?

そういうこと 絶対に無いわ。。って華子は言えませんが 
そこまで 神経を使ったことが無いな。。すごい作業ですね。

へぇ~。。。の記事でした。

2015/09/15 (Tue) 17:41 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
To 華子さん

華子さん、ありがとう。

そっちが掲載か・・・。

類似はね、そんなに神経質になることはないんだと思うの。
華子さんが言うように、あとからわかったらゴメンナサイでいいと思う。
または、自己主張すればいいんだと思う。

一句一遊の句はね、恥ずかしいぐらい似ているの。
思い出したから、取り下げて欲しいとお願いしたまでで・・・。
思い出さなければ、それはそれでよいと思う。

ここまで神経使ったら詠んでも発表出来ないよね~

まっ、そんな感覚で皆様にご迷惑をかけるかもしれないけど、今まで通り詠んで発表していきたいと思っています~

2015/09/15 (Tue) 19:06 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
底紅の色の深さや我のごと

こんにちは。

類想句の問題は難しいですね。膨大な数の俳句ですからない方が無理というもの。
しかし、一方ではパクりも横行しているのも事実のようで。
地元句会報の古いのを借りて見ていたら発見しました。パクりか偶然か、かなり似ている句です。某結社の大会で上位に入っている句が、その何年も前の地元句会報で賞を取っている。中七はまったく同じで、ここの表現がウリ。上五と下五の一部を変えて、元よりはよくなっている。

2015/09/16 (Wed) 10:56 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集

こんばんは~
わたしは自己類句で、それに投稿寸前に気づいて急ぎ差し替え、マジ一瞬青くなりましたよ!投稿先は新聞でしたが。お互いに気をつけましょう(^^;

2015/09/16 (Wed) 19:58 | 空見 #- | URL | 編集
To 写俳亭みのさん

パクリなんて、そんな勇気ないし・・・。
でも、後発の方が良くならないとパクる意味ないよね~

それにしても、逗子吟行記、長くて読むのが大変でした。
頑張っているご様子に脱帽です。

2015/09/16 (Wed) 21:33 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
To 空見さん

空見さん、お久しぶりです~

このコメントはパソコンですか?
スマホでしょうか?

十分気をつけているつもりですが、この頭ではこれぐらいまでが精一杯かも。

空見さん、角川の俳句9月号掲載の取り消し(俳句自体は8月号、鰯の句)みました?
あのようになるのは困るので、できる限り気をつけたいと思います。

2015/09/16 (Wed) 21:43 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する