九月六日綾子忌

お世話になっている結社栴檀の師系は沢木欣一・細見綾子と聞いた。
このお二人はご夫婦で、沢木欣一は、社会派の俳人。妻の細見綾子は、大きくその影響を受けることなく女性らしい写生かつ主情的・直感的な句を詠まれた。
その綾子の命日が九月六日。

既に過ぎてしまったけど、1句詠んでいたので。。。
いつもならどこかに投句と思うのですが、自選で没句と判断したのでブログUpにすることにいたしました。



綾子忌や孜々汲々と花図鑑
(あやこきやししえいえいとはなづかん)



20150908-1.jpg



この実なんでしょう?
早速、花図鑑で調べないと・・・。

(植物図鑑というより花図鑑可愛いくないですか~)


細見綾子の句
菜の花がしあわせさうに黄色して
チューリップ喜びだけを持つてゐる
ふだん着でふだんの心桃の花
野の花にまじるさびしさ吾亦紅



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

来客待ち

そろそろ帰りたいのに、お約束の方がみえない。
と、言うことで、ケロリンに応募するための「いのち俳句」について調べてみた。

確か、組長のブログで応募があったような・・・。
お礼選をみたら、いのちというより死から生へのアプローチの句が多い。

そこで、ケロリンの過去数年分を見てみる。
こちらは、前向きに生きる、生きていることを敬う句。

ケロリンに応募するのだから、ケロリン用に詠まないと・・・。

2015/09/08 (Tue) 17:41 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
ひよどりの無駄な話を聞いてやる

こんばんは~。

ヒヨドリジョウゴっぽくないすか~。

この方、花が好きだったのでしょうか。

2015/09/08 (Tue) 19:32 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集
孜々汲々

こんばんは!
孜々汲々・・仮名を有難う(#^.^#)
詠めませんでしたし
意味も解らず調べました。
勉強に成りました。
良い句・・だと思いますよv-425

2015/09/08 (Tue) 22:20 | りまど #- | URL | 編集
To 写俳亭みのさん

お早うございます。

綾子さん、お花が好きというか、身近の物をたくさん詠まれています。
たしか、掲句の菜の花は教科書に載っているとか。

ヒヨドリジョウゴなのですね。
写真を撮って数日経つのですが、古家解体でこれもなくなってしまいました。。。

2015/09/09 (Wed) 07:04 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
To りまどさん

りまどさん、ありがとうございます。

「孜々汲々」はね、清子も知ったばかりなの。
「孜々」という文章を見て、「攻々」と読めて、何て言う意味だろうって調べたの。
そしたら「孜々汲々」まで知ることが出来て。。。

綾子さんは、優しいイメージなのでこんなに漢字ばかりで詠むのもどうかと思ったのだけど、音がよかったので。。。
自分なりには成功句って思っています~(笑)

2015/09/09 (Wed) 07:09 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する