「硬」一句一遊

一句一遊 兼題「硬」結果
夏井いつき先生選
南海放送ラジオ放送
2015年8月26日(水)放送


反抗期桃の中には硬き種
(はんこうきもものなかにはかたいたね)



■朧庵落書き俳句ノートより(記載ママ。いつも聞き書きありがとうございます)
同じく桃が出てまいります。下町お玉の一句
◇反抗期桃の中には硬き種 下町お玉/ねえ、これ、お玉、反抗期の子ども持ってるんでしょうかねえ


20150827-2.jpg



昨日に続いて、またまた息子ちゃんの出番となりました~
昨日書いた通りの息子です~



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

水曜日 とれてない。。けど おめでとう~

俳句界の入選作品
「嘘を言ふ紅き唇かき氷 」

これ 良いと思いました。
私は 思い出として 小憎らしい子供の景が浮かんだ。
舌を真っ赤にして 嬉しそうにかき氷を食べてる娘。
あらあら。。。ボタボタ 落ちてるよ。。。はいはい 気を付けて。。

そう思って見てたら(そこはプールサイドだったの)監視員のお兄さんが
ブラシで 赤い水を流してくれたの。。迷惑かけて スイマセン。
毎年 小さな娘の水着を買うのが楽しみだったなぁ。。まで この1句で
思い出しました。でね。。息子は 2歳下なんだけど 娘の水着が高価だったので
お古を。。5歳ぐらいまで着せていた。フリル付きとかも。

私 硬いタオル。。で出したんだけど この「かたい」は間違ってる?
「足親指の爪硬し」は 明日のくの会 候補です(笑)

2015/08/27 (Thu) 10:45 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
月曜日は聴いた?

華子さんのかき氷にまつわる話、大変に面白かったです。
そこから派生して、子ども達の水着の話も。
その写真あるのでしょうか?
男の子が着ているフリフリの水着、想像するだけでも楽しい。
是非、機会があれば見てみたいです~

俳句って、詠む自分も色々なことを思い浮かべますが、読み手にも浮かぶ。。。
すごいことですね。

最近は、「景が見えるか」と自問自答しています。
やはり、見えることが一番かと・・・。
(でも、蝉時雨は見なかったのですよね(反省)。)


> 私 硬いタオル。。で出したんだけど この「かたい」は間違ってる?
> 「足親指の爪硬し」は 明日のくの会 候補です(笑)

月曜日に登場していましたよ。
この「硬い」はあっていると思います。

華子さんの登場確率、絶対にいいですよね。
お手紙がポイントでしょうか?
いつも、お手紙とセットで読まれていますよね。
いやいや、俳句がポイントと言わなければいけませんね(ゴメンナサイ)。
忙しくてお手紙も書けないことが多いので、見習って少しでもコメント入れて投句するのを心懸けます~

「親指の爪硬し」は何の季語と取り合わせるんだろう?
視点がいいですよね。
きっと爪切りしているんですよね?

2015/08/27 (Thu) 12:32 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
大失態

昨日のこと・・・。

お嫁さんの誕生日だということを覚えていながら、誕生日プレゼントを送っていないことを思い出したの。

そこから、どうしようって、ずーっと思い巡らした。
嘘もよくないし、正直に言ってしまおうって電話をかけた。
「お母さん、俳句の締切に追われてすっかり忘れていました。ごめんなさい・・・」って。
そしたら、電話の向こうで笑ってた。

誕生日当日思い出せてよかったのだけど・・・。
すごい大失態。


最近は、毎日のように、「今日は何曜日?」て聞くの。
家族があきれるほど・・・。
こんなだから、大切な用事を忘れてしまう。
少し、俳句から距離を置かなきゃダメって、猛反省しておきます!!

2015/08/27 (Thu) 12:44 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/27 (Thu) 21:31 | # | | 編集

はじめてお邪魔します。
住まいも近いし、活動の範囲が同じようなので
これからもよろしくお願いします。

2015/08/28 (Fri) 01:22 | 十志夫 #bM4TJFTs | URL | 編集
おたまの桃は並

金曜日の「硬」を聴いていて、おたまの桃が並である理由を突きつけられたような気がしました。

それに気づかせて頂いた句がこちら。

■朧庵落書き俳句ノートより(いつもありがとうございます)
それから北海道から参加の鈴木牛後。美しいですね、この句も。
◇抱くように桃持ちきたる硬き胸  北海道・鈴木牛後
今週桃を詠んだ句はあったんですけれども、桃が硬いという風に直接硬いを桃に掛ける句が多かったんですが、そうではなくて柔らかい桃を抱えてくる胸のその「硬き胸」この展開の仕方やっぱり巧いですね。


桃の種が硬いのは誰でも知っていること。そこには、驚きなんてない。。。
おたまのこの硬いは無駄な使い方をしている・・・。
息子の心の硬さを表現しなければダメなんだと気がついた。
あぁ~、鈴木牛後様、組長様、気づかせて下さってありがとうございます。

俳句って奥が深い。
だから、詠むのも読むのも止められない・・・。

2015/08/29 (Sat) 06:30 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する