「白百合」まいまいクラブ

まいまいクラブ「ケータイ写真俳句」
7月16日正午~7月23日正午受付分
大高翔先生選


雨間に白百合満つる小路かな
(あまあひにしらゆりみつるこみちかな)
「佳作」


大高翔先生のコメント
「雨間に」というさりげない表現に、作者のやさしさを感じます。
「白百合満つる」に、花を愛しむ感謝の思いが含まれていますね。



ケータイ写真俳句0723締切_丸山清子



ご近所の百合ですが、毎日眺めて出勤しました。
梅雨の晴れ間にすごく匂うのを知りました。
道いっぱい香るって気分ですね。
これも、俳句をはじめなければ知らなかったこと・・・・。
俳句に感謝です。




主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

清子様、こんにちは!
「雨間」という言葉がとても綺麗です!
「晴間」ではなくて「雨間」。
先日テレビの天気予報で「雨間」を解説していましたが、その時は灰色の雲とビルの映像。
お句になると、こんな綺麗な光景になるんだ!と思いました。

2015/08/01 (Sat) 14:13 | まどん #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/01 (Sat) 15:43 | # | | 編集
句風とは

 いつも楽しみに拝見しています。

 百合の花。よく見ると、生々しい生き物に見えてきませんか。

 「俳句を始めなければ…」。こういうこと多いですよね。
 
 何かを続けること。理想は、楽しく続けることかな、と。

 句風の所有とは、覚悟の所有にも似ている気がします。

 定まるまでは、時間がかかりそうです。

 

2015/08/01 (Sat) 19:15 | すうさん #MorNKiSg | URL | 編集
To まどんさん

まどん様、コメントありがとうございます。

清子も、その天気予報(?)見ました。
そのときの「雨間」が忘れられず(それに梅雨晴れ間と百合では季重なりなので)使ってみました。

そうそう、ひとつ言い忘れていたことありました。
お引っ越し無事済んで良かったですね。
これからもどうぞよろしくお願いします。

2015/08/01 (Sat) 20:06 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
To すうさんさん

すうさん様、コメントありがとうございます。

色々なものに目が行きます。
鳥1匹でも、いつの間にやら目が追っていますね。
本当にこのようなことは、俳句をはじめなければありませんでした。

まだまだ2年生なので、句風は定まりません。
今は、これではどうだ、あれではどうだと試行錯誤しながら詠んでいます。
このふらふらしている自分を大きく受け止めて下さる先生がいてとても嬉しいと思います。

「句風の所有とは、覚悟の所有」、ちょっとおたまには難しい言葉ですが、いつか分かるときが来るでしょうか。
そして、句風が定まるときが来るのでしょうか。
そんなこと思いながら月日を重ねています。

2015/08/01 (Sat) 20:12 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する