0 Comments
ふらんす堂 片山由美子先生 新宿句会
7月19日(土)13:00~16:30
出席44名+片山由美子先生=45名
雑詠2句+席題「林」1句提出
(特選1句、秀逸1句、佳作2句、入選44句)


お隣に、句会は初めてという若い女性が座わられました。
一応、少し先輩として、句会の進め方など一人前に教えたりして・・・。

そんなことしながら、おたま自身の初めての句会のこと思い出しました。
家を出るときから、すっごく緊張したこと。
互選がまったく入らず、「もう句会なんかでるもんか」と思ったこと。
それでも、組長の並選を頂くことが出来て、少しだけ「句会も楽しいかも」と思い直したこと・・・。
1年と数ヶ月前のことなのに、甘酸っぱい青春のように思い出しました~


今回の席題は「林」。
季語をいっぱい知っていれば、夏の季語「青林檎」が出てきたんだろうけど、駆け出しのおたまにはそのような季語の存在さえ頭にはありませんでした。

「林」で思いついたのが「林道」と「林間学校」と「伯林」。
まずは、簡単なところで「林道」で1句詠んでおいて、時間がある限り「林間学校」と「伯林」へ挑戦。
「伯林」と取り合わせる内容がまったく思い浮かばず、タイムリミットとなり「林道」を提出・・・。

片山先生が「伯林」と「鴎外忌」で詠まれていました。
7月9日が鴎外忌とは、なんとタイムリーな・・・。
知っていれば詠めたのに(そんな甘いものではないか?)という、自分の知識のなさに大反省です。
あぁ~、なんで伯林が思い浮かんで鴎外が出てこなかったんだろう・・・・。


「席題:林」
林道をぬけて大空雲の峰(互選0点+先生入選)
  → 大空に雲があるのは当たり前。
    「雲の峰」ではなく「夏燕」ならどうなんだろ?これも近いか?
    先生は「林道ををぬけたるところ」と訂正ご指導下さいました。
    確かに「雲の峰」を「夏燕」にしただけでは、事柄が3つ。多すぎる・・・。
    「林道」は色気ないので、「竹林」とか「松林」とかはどうか?


「雑詠1」(互選2点)
「下車する」についてご指導頂きました。
  → 「名詞+する」は、俳句になじむかどうか。タッチが文脈にのりにくい。
    和語にするほうがなめらかになるって知りました。


「雑詠2」(互選0点+先生入選)
「蓮の池」についてご指導頂きました。
  → 蓮が池に咲いているのは当たり前。蓮の花にすると良い。


20150729-1.jpg




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

おたまおばさん
Posted byおたまおばさん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply