6 Comments
俳句界2015年8月号


俳句トーナメント
春灯やインクの瓶の藍深き
(しゅんとうやいんくのびんのあいふかき)

石井いさお先生と佐久間慧子先生に佳作に選んで頂きました。
もう何十年も前に叔母からもらった貝細工の施されたペン軸を、春に偶然引き出しに見つけ、この句が浮かびました。
大学時代、ペン字を頑張っていた時にペンを使ったぐらいで、最近はペン軸を使ってものを書くことなんてまったく無くなってしまいました。たぶん、インク瓶なんて今の我が家に無いでしょうね。
でも、ペン軸を見つけた時、あの藍色が懐かしく思い浮かんだのです。



兼題「一」
沈丁花バス一本を見送りぬ
(ちんちょうげばすいっぽんをみおくりぬ)

大高霧海先生と名和未知男先生に佳作に選んで頂きました。
ウォーキングをしている時、沈丁花の香に気がついて、お友達と立ち止まって深呼吸。
バスを一本見送っても、この沈丁花の香の中にいたいって気分でしょうか。
こんなこと、10-15分おきぐらいにバスが来る都会ならでは出来ることですけどね・・・。

名和未知男先生主宰の草の花ネット句会に参加させて頂いておりますが、こちらの方は成績がさっぱり。。。
こちらも少し頑張りたいと思います・・・。



雑詠
新しき点字ブロック風光る
(あたらしきてんじぶろっくかぜひかる)

角川春樹先生に佳作に選んで頂きました。
1月か2月頃に近所の大通りの点字ブロックが新しくなりました。
その頃から、12音はメモっていたのですが、ピッタリする季語が見つからず・・・。
やっと素敵な季語に巡り会えた気がしました。



理科室の人体模型四月馬鹿
(りかしつのじんたいもけいしがつばか)

佐藤麻績先生に秀逸に、宮坂静生先生に佳作に選んで頂きました。
佐藤先生には2ヶ月続けて秀逸選ありがとうございます。

実は「四月馬鹿」と言う季語は「馬鹿」とつくので好きではありません。
でも、この景が思い浮かんだ時「万愚説」では、面白みに欠けると思って「四月馬鹿」になりました。



桜守重たき門扉押し開けり
(さくらもりおもたきもんぴおしあけり)

西池冬扇先生に秀逸に選んで頂きました。
皇居の坂下門から乾門までが解放されるニュースを見て詠んだ句です。
桜守がいらっしゃるのかどうかは存じませんが、門は大きく開放する時はさぞかし重いのだろうなぁ~と思って。。。


20150727-2.jpg




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

おたまおばさん
Posted byおたまおばさん

Comments 6

There are no comments yet.
華子  
俳句甲子園。。は「夏」かもね。

すごい数の入選ですね。とらを様みたい。。。
ここまで 自分の名前があると 快感でしょうね。

おめでとうございます。
そうね。。どれが 一番好きかなぁ。。。

桜守重たき門扉押し開けり
桜守と重い扉が良いと思いました。
清子様は 相変わらず「り」をサラッと使えるね。
私は どうしても このあたりが スムーズにいかない。

さて 今朝 カレンダーを見て気が付いたことがあります。
一句一遊の「兼題」なんだけど 一ヶ月単位でみたら
3個は季語で 1個が「文字」だと気が付いた。
5月からしか書いてないけど。。どうかしら?

そうなると 8月は「硬」があるよね。。なら「俳句甲子園」は
季語か?そうならない?

よって華子は この8音を季語として詠もうと思います。
投句は1句オンリーと決めてるので。勘太のために
何句も詠めんわ。。が本音です(笑)

2015/07/27 (Mon) 14:15 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
俳句甲子園

華子さん、コメントありがとうございます。

俳句界は、毎月掲載させて頂けるようになりました。
やはり、活字になると嬉しいですね。

俳句甲子園ですが、調べるのが好きな隣安さんに聞いたら季語にはならないかもと回答が返ってきました。
俳句甲子園は予選が夏ですが、お盆過ぎなので秋なので。。。

でもね、これを季語でないとなると、季語勝負になってしまうので、やはり季語と考える方がいいというのが清子の結論です。
俳句の本戦を睨んで、秋でしょうか。
ラジオ発表の時期も秋になっていますし。。。
清子は、2句投句するので、それぞれで詠んでみますね~
勿論、詠めたらですけど(笑)・・・。

2015/07/27 (Mon) 22:11 | EDIT | REPLY |   
りまど  
こんばんは!

今月の俳句界は、丸山さんのオンパレ-ドでしたね。
本当におめでとうございます。v-425

俳句界の雑誌は、何かの都合で25日以後じゃないと届かないみたいです。慣れましたが・・(^_-)-☆

俳句界2015年8月号のご自分の載った俳句と
俳句の作句の風景、きちんと説明なさって
本当に親切なブログです。素晴らしいです!v-425

りまどは、不親切なブログです。
殆ど載せて居ませんが
俳句の詠んだ時期が来た時にUPしりしています。

俳句甲子園は、初めてですが・・
上のコメントを参考にさせて頂いて。。
投句したいけど・・ 
作れるか自信が有りません。v-393



2015/07/28 (Tue) 21:38 | EDIT | REPLY |   
何かを捨てて  
凄い

暑いです。
お玉さんの頑張り凄い。
良い先生に巡り会うてよかったですね。
昔、私の先生が言ってました。
「師は弟子を選べないが、弟子は師を選べる。。。」
東京はいいですね。学べる機会が多くて。

何かを拾う

2015/07/29 (Wed) 10:22 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
To りまどさん

りまどさん、こんにちは。

最近、俳句界とは相性がいいですね。
その代わり、角川はさっぱりですけどね。

りまどさんのように、詠んだ時にUpするのがいいと思います。
夏のこの暑いさなかに桜といわれてもね~ですから。
でもね、一応、既発表とか類句とかその辺りを気にして、結果が出てからブログには載せることにしています。
もともと、結果を載せたいとはじめたので・・・。

俳句甲子園の前に蟋蟀ですね。
もう秋ですね。。。

2015/07/29 (Wed) 12:30 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
To 何かを捨ててさん

何かを捨ててさん、お久しぶりです。
ブログは、毎日覗かせて頂いてます。
体調が優れない中も、頑張って毎日Upされていますね。
その後、体調は如何でしょうか?

俳句界は、このところ相性がよく、毎月コンスタントに名前が載ります。ありがたいことです。

おっしゃるとおり東京はいいです。
その利点を、時間が許す限りしっかり自分の物にしたいと思っています。

そうそう、去年の今頃は藤田あけ烏先生のHPを何度も見てお勉強させて頂きました。
ちょうど藤田湘子先生の本を読み始めた頃から、本当に何度も・・・。
それが、今、ネットで参加させて頂いている草の花ネット句会の草の花は、藤田あけ烏先生系らしいのです。
偶然にしては、この繋がりビックリです。
このような繋がりも大切にしたいと思っています。

2015/07/29 (Wed) 12:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply