ふらんす堂 新宿句会

ふらんす堂 片山由美子先生 新宿句会
6月20日(土)13:00~16:30
出席49名+片山由美子先生=50名
雑詠2句+席題「無」1句提出
(特選1句、秀逸1句、佳作2句、入選38句)


今回よりふらんす堂の会員になりました。
会員になると、句会費の割引、ふらんす堂通信に投句ができる、そのふらんす堂通信が送られてくるなどの特典付き。
毎回行けるかわかりませんが、片山先生の俳句が好きなので、出来るだけ行きたいと思って自分に弾みをつけるつもりで会員になることに。。。

それにしても50名とは・・・。

お隣のお席の約10年ほど新宿句会にお通いの方がおっしゃるには、10年ほど前は20数名、一番多い時で座れないほどの60名。
そんなに多かったら息も出来ずに埋もれてしまう・・・。

先生が全句にコメントを下さるので、全句を書きとめたかったのですが、50名と聞いて挫折。
それでも、時間が許す限り書きとめました~

雑詠2句は、先生に入選を頂いたのでどこかに投句したいと思います。
(互選0点+先生入選、互選3点+先生入選)


問題は席題「無」。
提出まで20分。
焦れば焦るほど、何も浮かばない。
父の日前日だったので「無口な父」で頑張ったのだけど、1句にはなりませんでした。

う~ん、「無」では。。。
「無口」以外には、「南無阿弥陀仏」「無理」「無難」「無遅刻無欠席」「無事」
これしか思い浮かばなかった・・・。

時計を見ること20分間のうちに5回ぐらいでしょうか。
ある程度形になった「水澄し」を出すことにいたしました。


水澄し風の無き方へ渡りけり
(互選1点)


先生のご指導は「水澄し→水すまし(ひらがなでとおっしゃったのでみずすまし?)」にする。
「渡りけり」の「けり」がどうか。。。


20150623-1.jpg



席題が季語なら手持ちの十二音と合わせてどうにかなりますが、季語でないと難しいですね。
まず、「無」のつく単語から探さなければならない。

選句の時、否応なしに「無」の句が目につきました。
勿論、「無し」の活用形が一番多かったです。
そのほか、「水無月」「「無為」「無人」「無数」「無知」・・・・。
皆様の頭の柔らかさに脱帽の句会でした。


そう言えば片山先生の句も3句あるはずなんですが、1句しか名のっていらっしゃいせんでしたね。
開かなかった2句はどれなんだろ?
先生のコメントがなかった句のはずなんですが、全部書き留めていないのではっきりわからない・・・。
う~ん、やっぱり全部頑張って書くか・・・。
いや、それは無理だろう・・・と、思ふ。。。。




主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

無理矢理の作句の日々や花擬宝珠

こんちは~。

相変わらず鍛えてますね、脱帽です。
如何せん数が多すぎ、とても恐れ多くて。。。

2015/06/23 (Tue) 10:22 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集
花ぎぼし。。。画像確認

ミシンを仏壇の部屋へ持って行きました。
テーブルが欲しいが 小さな円卓があるので
それで我慢します。今から ベージュの糸 買いに行きます。
そのこと 私のブログで ぼやこうと思ったけど
メンテナンス中。。みたいです(笑)

みの様が使った季語が難しいので 調べました。
このお花 見たコトはあります。あああ これね。

清子様が 前回のコメント欄で書かれているように
俳句の楽しみ方は 人それぞれで すごいなぁ~の
あとに なら 私も。。は 必要無いかとも思います。
だけど 刺激になるよね。。こんな風に進めて行くんだ。。
という 刺激を貰えますね。

みの様の進め方も やや個性的だしね(スイマセン)
個性的な面々とお友達になれて 華子はハッピーです。

そうですね。。人数ですね。私も 俳句から離れても
そういう大人数で ガヤガヤは苦手。お酒の席も
大勢が楽しいとか言うけど 華子は苦手。その数を
聞いただけで 逃げたくなります(笑)

席題。。そこは 吟行に似てて 名句を目指すのでなく
意外な発想に掛けるのかなぁ。。。とか思いました。

吟行も席題も「ギブアップ できませんでした」が許されないから
辛いのよね。焦ると 発想より 類想。。今までの自分の
ストックが 頭の中を回ります。。私はそうでした。これから
吟行を経験していって 真っ白の頭から 意外な発想が
その時の空気から出て来る発想が ゲットできるように
なりたいとか。。理想を持ってます。理想よ。。ここ強調。

2015/06/23 (Tue) 11:09 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
花擬宝珠 読めなかった

みの様、コメントありがとうございます。

「俳句スポーツ説」は、波多野爽波だっけ?
瞬時にして反射的に、有季十七音が出てくるような体質づくりを目指す?
そのために鍛えています~(笑)

でも、この年になってもそう言う筋肉身につくのかなぁ~?

2015/06/23 (Tue) 12:16 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
手芸も俳句も

華子さん、コメントありがとうございます。

華子さんは、手芸などいろいろとしている割に、ブログの更新スピード速くないですか?
読みに行くたびに更新されているので、追いついて行けないです・・・。
コメント書く余裕が無く、でもしっかり読んでいますヨ。
これからも楽しみにしています~

この「無」は、何度ギブアップしたいと思ったか。この20分間に、ごまかして、何か別の句を紛れ込ませてもいいかなぁ~?って考えたりもしました。

吟行と席題に関して「名句を目指すのでなく意外な発想に掛ける」とは、言い得ているように思います。
やはり、俳句スポーツ説に辿り着く??

先ほど、俳句ポストの火曜日を読んでいたら、新しいお名前がたくさん増えたことに気がつきました。
まだまだ駆け出しって思っていたのに、古株の方向へ足は向いているかも?

2015/06/23 (Tue) 12:32 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する