一句一遊 兼題「茅花流し」

一句一遊 兼題「茅花流し」結果
夏井いつき先生選
南海放送ラジオ放送
2015年5月15日(金)


伊那バスを降り立つ茅花流し前
(いなばすをおりたつつばながしまえ)


一句一遊の金曜日に読んで頂きました。
「東京 下町」と来て、やった!と思わずガッツポーズ。
確かに「東京 下町おたま」と、あの組長の声で読み上げて頂きました~


◆落書き俳句ノートより
東京から参加下町おたまは「伊那」という地名が出てきます。こんな一句。
◇伊那バスを降り立つ茅花流し前  東京・おたま
「前」というのがいかにもバス停のようなそんな味わいになってますね。「伊那」という地名、この土地に吹く茅花流しきれいでしょうね。


「茅花流し」は、初夏の茅花の花穂を吹き渡る南風のことを言うそうで、「前」と「中」でかなり悩んだのですが、組長の「バス停のような」という一言で安心しました~


20150516-1.jpg


東京大学の中でこんなもの見つけました。
茅花なんて知らないし、この写真の正体は何でしょう?
茅花? それとも違う植物?
一応、このイメージで詠みました~



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

井月の伊那にも茅花流しかな

こんちは~。

伊那ってあの井月の?伊那男さんの本読んだんですか。

茅萱、ベランダ前にも似たようなの一本生えているみたい。

ロマンチきのうやっと投句。疲れた~。

2015/05/16 (Sat) 11:17 | 写俳亭みの #f3g/b1UA | URL | 編集
伊那

みのちゃん、コメントありがとうございます。


> 伊那ってあの井月の?伊那男さんの本読んだんですか。


読んでいませんよ~。

私の両親が長野飯田の出で、飯田が良かったのですが音数が合わない。
と言うことで伊那になりました。

信州伊那井月俳句大会応募しようと思っています。
でも、最近、いくら作っても納得できるものがない・・・。

ロマンチカ、今回は、2次会パスします。
句会は行きますので、よろしくお願いします。

2015/05/17 (Sun) 07:49 | おたまおばさん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する