俳句ポスト 第109回兼題「春の月」

俳句ポスト 第109回兼題「春の月」結果
夏井いつき先生選


校庭はもう誰もいぬ春の月
(こうていはもうだれもいぬはるのつき)
「並選」


20150502.jpg


「いぬ」は「ゐぬ」だし、今となったら「もう誰もゐぬ校庭の春の月」に推敲したい気分・・・。
いや、これでは大して変わらないか・・・。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

春の月

清子さん、こんにちわ!私、松山俳句ポストもまいまいも没でした!
長く、命あるかぎり(オーバー)俳句楽しみたいと思うのでまた、気持ち取直し続けます。

2015/05/02 (Sat) 12:35 | 百合かがり #- | URL | 編集

百合かがり様、コメントありがとうございます。

今回の「春の月」は、いつものメンバーに全没になった方が多かったようですね。
たぶん、人が増えすぎたんではないでしょうか。
きっと見落としだと思います。

例えば、江戸人様のブログ読んでいると、今回の全没を嘆いていらっしゃいますが、どうして没?って思う句が並んでいます。

かがり様の句もブログにUPされていますが、清子より春の月をよく捉えられている句だと思います。

新しい人がぞくぞく増えて、これから俳句ポストは少し居場所が窮屈になるかもしれませんね。

清子はね、俳句ポストの休みはすることがなくなるので、一句一遊をはじめました。
その他、ネット句会を少々。

結構大変ですが、没になっても、こっちではこんなに受けているし・・・、など、気が紛れていいですよ。
暇な時に、覗いてみて下さいね。

2015/05/03 (Sun) 09:26 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

清子さん、こんにちは。春の月、ボツだった隣安です。私のは単純に出来が悪かったんですが。
以前BS句会でお会いした鴇田智哉先生の入門書は推敲の方法が具体的で良いですよ。その中に、「誰もいない」という句は「一人いる」という内容に変えてみましょう、てのがあります。お役に立つか分かりませんが、ご参考まで。

2015/05/03 (Sun) 12:59 | 隣安 #5BwB.6y6 | URL | 編集
誰もいない・・・

隣安さん、コメントありがとうございます。

隣安さんも全没だったのですか?
他の曜日で頑張っていらっしゃるので気がつきませんでした。

「一人いる」ということ、教えて下さってありがとうございます。
確かに私がここにいます。
誰もいないなんて嘘ですね。
今度は気をつけて使いたいと思います。

2015/05/03 (Sun) 22:08 | おたまおばさん #RnRXbfrg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する