第43回 津野ネット句会5「囀」

第43回 津野ネット句会5(最終)

兼題5題(四月・水温む・新社員/新入社員・花疲れ・囀)
一人10句まで投句可
一人10句選(特選3句・並選7句)

参加者28名 全213句


やっと兼題五つめまで辿り着きました~。
既に、今から次回を楽しみにしているおたまがおります~


⑤兼題:囀


さえずりや女子に人気のカフェテラス (並2点)


並選ありがとうございます。
女子の賑やかさを詠んでみました。
「囀」を「さえずり」と、ひらがなにすることで女子力Upしてみたつもり。



囀れる籠の小鳥を放ちけり (0点)


春らしさのない句ですね。
でもね、囀りは春の求愛の鳴声のことなので、
ほら行きなさい、放してあげるから、、、という優しさかなぁ~
結局、伝わりませんでしたけどね・・・。



これで、おたまの津野ネット句会全10句掲載いたしました。
振り返ると、吟行の時見た景からの句が多かったですね。
仕事があって、なかなか外には行けないのでしかたのないことですが・・・。

津野ネット句会、とても楽しかったです。
長いこと、参加しようかしまいか、うじうじしていたのもったいなかったですね。
また、参加したいと思いますので、皆様よろしくお願いいたします~

20150418-1.jpg



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

歯医者

昨日、歯医者でした。

虫歯の治療中考えていたことは俳句。
キーンキーン、ガッガガ・・・の中を、
無意識にジッと俳句を考えていたのです。
治療が終わってから、この根性に自分で自分に拍手してしまったほど。

と言っても、詠めたと言いきれる句は何も残っていないんですが・・・。
しかしこの俳句魂、いつまで続くんだろう?

2015/04/18 (Sat) 09:07 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する