2 Comments
第43回 津野ネット句会3

兼題5題(四月・水温む・新社員/新入社員・花疲れ・囀)
一人10句まで投句可
一人10句選(特選3句・並選7句)

参加者28名 全213句


③兼題:新社員/新入社員

聞き取れぬ受話器の向かふ新社員 (特1点)

【きのと】なれない電話大変ですね。


きのとさん、特選ありがとうございます。
おたまは、もちろん新社員ではないですね。
その昔、おたまの務めていた会社にアルバイトに来ていた子がとっても楽しい子でした。
電話に出てもらうと「うさぎさんから電話です」「桃太郎さんから電話です」なんていう具合。
「私には、そのように聞こえました~」
今となっては笑い話ですね。。。


たじろぎつティッシュ配るや新社員 (0点)

これも、吟行の時の句です。
マンションのチラシ+ティッシュ配りを不動産会社の方がしていました。
4月4日でしたしね。
どこから見ても新社員さんだったと思います。
テッシュ差し出す手も、震えているようにも見えました。
「たじろぎつ」って、ちょっと言葉選びに失敗した?
もっと分かりやすい言葉を使った方がいいかもしれませんね。


20150416-2.jpg




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

おたまおばさん
Posted byおたまおばさん

Comments 2

There are no comments yet.
華子  
好みもあるんでしょう。。

おはようございます。

この「かな」使いは 進化していってるように思います。
もしかしたら 進化させた 上等の作品が多いのかも。
と ポストで 私は感じていました。そういう使い方は
私が読んだ手引き書では タブーだった。。コトが
普通に通用してるから。初心者向けのタブーが普通に出てくる。

という経験者の華子は 今回の清子様の「かな」で 又
大好きな手引き書を読み返した。

手引き書優先が良いとも思わない。文法優先が良いとも
思わない。と認めながら 私は 手引き書優先タイプです(笑)

プチプチ感あると思う人もあれば すごく上手く
「かな」を使えてる。。って思える人もいるんだよね。

それは 自分が詠むとき そこを意識してるか
どうか。。だと思う。このあたりも 好みが出るみたい。

だから 正直な感想。。。ってすごく有り難いよね。
そうか。。この人は そういう意識を持って詠んでいるんだ。。
とこっちが学ぶ。

今回は そうか ヤッチー様も このあたりは 華子と
同じ感覚なんか。。だった。

しかし こうやって 兼題に あっちこっちから
挑戦するってコトは そういう細かいコトより もっと
大きな収穫があるんだろうと思って 清子様は すごいなぁ
って思いました。

バンバン挑戦しながらバンバン学ぶ。。が理想的だね。そう思う。

2015/04/16 (Thu) 08:52 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
四月

華子さん、コメントありがとうございます。

「四月」という季語は3文字だから、単純に考えると「四月かな」が使い勝手がよいですね。
「四月は」「四月の」にしても4文字にしかならないので・・・。

でもこの「かな」が難しい。
いつもそう思っています。
幾つも詠んで、投句して、結果見て、勉強しています。
みなさんに、ありがたいことに、このようにご意見頂いて勉強深めている状況です。


兼題はね、季語を覚えるのに役立っています。
たぶん、今勉強している季語が俳句に現れるのは来年かも?
だってね、この間、蛍烏賊をスーパーで見たのですが、それを見て一句出来てしまうわけですよ。
使える季語が増えるってすごくないですか?
続けられる限りは、この兼題に挑戦は頑張りたいと思います~
実はね、一句一遊も初めてしまいました。
いつの放送分からかなぁ~?
あの聞き書きを毎日読んでいるのですが、あそこに書かれるのがすごく楽しみです~

2015/04/16 (Thu) 12:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply