4 Comments
第43回 津野ネット句会

兼題5題(四月・水温む・新社員/新入社員・花疲れ・囀)
一人10句まで投句可
一人10句選(特選3句・並選7句)

参加者28名 全213句


元々は、どかていさんのブログ経由で見ていた津野ネット句会(お名前なので津野様と書かなければならないと思うのですがお許し下さい)。
あれこれれ手を広げても・・・、ということで自分の欲求を抑えて、見るだけにとどめていました。
ところが、ヤッチーさんが第42回参加したとブログに書かれたのを読んで、やはり、私も!って思ってしまたのです。

初めてなので、詠めるだけ詠んで投句しようって思いました。
結局、5題×2句のリミット10句まで投句しました。

選句は、特選3句、並選7句。
特選には、コメントをつけます。


①兼題:四月

革匂ふ満員電車四月かな (特1点)

【重翁】新入社員、新入生徒が入った四月始め、研修もあり電車が混みます。そして新しい靴の匂い、着眼点が良いですね。

重翁さん、ありがとうございます。
新入社員は、鞄も靴も新調すると思うので、おたま自身も着眼点はいいと思ったのですが、今時は、革の匂いがプンプンすることって無いかも・・・。
昔は、匂いをかいで「本当に革?」って、真偽のほどを確かめましたが・・・。
こんなこと書いていると、年代がばれてしまいそうです。


登校の挨拶大き四月かな (0点)

おたまの句には、よく「登校の子」が出てきます。
これは、出勤の時、集団登校のグループを見るからです。

この時期は、特にピーチクパーチク賑やかな時期ですね。

問題は、「大き」は活用が合っているのかなぁ~?ということ。
こんな心許ない状態だから0点か・・・。

でもね、津和ネット句会はとても楽しかったです。

5つも兼題があったので5回に分けてブログ掲載いたしますね~

20150414-1.jpg



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

おたまおばさん
Posted byおたまおばさん

Comments 4

There are no comments yet.
ヤッチー  
No title

こんにちは

清子さん。(ばらしてしまいますが)特選沢山入りましたね。おめでとう!
私は5句投句でしたがまだまだだな~と反省しきり。

では私が言うのもおこがましいですが句評を一言。

「革匂ふ満員電車四月かな」 

私には何だかぶつぶつ切れているように感じてとりませんでした。


「登校の挨拶大き四月かな」

季語がうごきませんか?
上五中七のフレーズ面白くないです(杜子男先生のまね?)

「大き」の使い方はいいのではないでしょうか。

ということで清子さんの「四月」
私は「ごめんなさい」でした。

自分の事は棚に挙げてずけずけ言いました。
お気を悪くされませんように。

2015/04/14 (Tue) 16:15 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
ビシビシお願いします

ヤッチーさん、コメントありがとうございます。

特選3つも入ったのですが、それぞれ特選のみで・・・
ヤッチーさんには高得点句がありましたね。
羨ましいです~

句会の良さは、みなさんのご意見が伺えるところ。
プラスマイナスどちらの方面のご意見でも喜んで承ります~

ビシビシ言って頂けた方が成長できるタイプです。。。

革の方は、自分でも三段切れ?と思っていました。
「匂ひ」は四段活用なので「匂ひ」で連体形だから間違ってはいないと思って投句。
ただね、声に出したときおかしい?と思ったら引き下がった方がいいのかも。
作った本人も?と思っていたわけですしね。。。
着眼点はいいと思ったんですけどね~

登校は、やはり季語が動きますか。。。
でらっくすさんのように絶対に動かない内容がいいですね。
それと、ヤッチーさんのおっしゃることは、普通の感動のない句と言うことですよね?
これから、また、修行の道に邁進したいと思います~

今回、とても楽しかったです。
草の花ネット句会の三月分にも投句しています。
よろしくお願いいたします。

2015/04/15 (Wed) 12:13 | EDIT | REPLY |   
Sima  
No title

こんにちは。
いつも精力的に色々投句されてますね。すごい。
しかもほとんど兼題があるというのが、またすごいです。
わたしは吟行と兼題が苦手なので……。
ところで、コメントの方のおたまさんの
声に出したときおかしい?と思ったら
って、ホントにそうだと思います。
わたし、今二つの句会に定期的に出ていて、
そのうちの一つはいつも披講係をしてるんですが、
イマイチの句は、読みにくくてつっかえたりしがちです。
あえて、音的なひっかかりをつくるというテクニックも
あると思いますが、
やっぱりさらっと読める句の方が、
じわっと余韻が広がって、季語の働きもいいようです。

2015/04/15 (Wed) 19:05 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
詠むと読むですね

shimaさん、コメントありがとうございます。

実は、Shimaさんのどちらのブログも毎日チェックしています。
特に俳句の記事がお気に入りです。
今は、このように締切に追われているので、どのブログも読み逃げが多いですね。
ごめんなさいね。
でも、たぶん、これからも皆さんには申し訳ないのですが、隠れて楽しませて頂きますネ。

披講係って大変ですよね。
声高らかに読まれた句は、活字に比べてとても良い句に思えます。
でも、戸惑ったりする句は、やはり要注意ですね。
自分で声に出してチェックがいいかもしれませんね。

三段区切れって結構難しくて、これって三段切れ?と言う間隔しか今はないです。
しっかり身につけたいひとつでもあります。

2015/04/15 (Wed) 20:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply