関口芭蕉庵あたり花見吟行句会

2015年4月4日(土)、神田川横の江戸川公園~関口芭蕉庵あたりを花見吟行。
金曜日の風でおおかた散ってしまって、少し残念な桜。。。


20150406-1.jpg


途中、椿山荘を覗いて、見事なしだれ桜に合いました。
これでやっと花見の気分になりました~


20150406-2.jpg


その後、関口芭蕉庵に向かって句会。
駅から関口芭蕉庵までは、写真撮影が忙しく、
芭蕉庵に着いてから、おにぎり食べながら句を詠みました。

即興で詠むのは、初心者おたまにとってはとても難しく・・・、
これも勉強と思って頑張りました~
(写真撮っているから詠めないのよとおしかりお声が聞こえてきそう・・・)

句会会場には、こんな芭蕉像が・・・。


20150406-3.jpg


蕉翁の加わる句会花の昼
(しょうおうのくわわるくかいはなのひる)


句会では、この「蕉翁像」を入れて一句詠みたかったのですが、
どうしてもまとまらずタイムリミット。

自宅に帰ってきて、これでどうだろうっていう気持ち。。。
はやり、吟行って難しい・・・、だけど楽しかった。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

えらく。。。なで肩なのね。。芭蕉さん。

降ったり止んだり。。イヤなお天気です。

しょうおう。。って 発音が難しいね。
加わる。。。想像の景。。だけど 写真俳句なら
あああ そうね。。となる。

先輩が そう言ってたよ。その時出来なくても
あとになって そう感じた。。って気持ちが
俳句になるときがある。だから 吟行は大切らしい。

その人は みんなで行くと 新しい発見がある。
けど 1人で行くと ゆっくりマイペースで
素材探しができる。。で どちらの吟行も お勧めだって。

確かに 吟行の練習は出来るかもね。ぶらっと散歩の
中で詠む練習。ブラブラ。。なぁ。。何でも俳句に
結びつける生活が楽しいのか 窮屈なのか。。素朴な疑問。

2015/04/06 (Mon) 15:25 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
まだね、楽しいの

華子さん、コメントありがとうございます。

清子は、まだ俳句を考えているのが楽しいの。
だから、帰って来ても一人反省会。
昨日は、句帳をジッと眺めていました。

でも、そろそろ華子さんのように他の楽しみも見つけたいと思い始めています。
何もなくてもできる合唱とか。。。
今週1のウォーキングを増やすとか・・・。
どちらにしてもお金のかからないものかなぁ~

俳句もお金がかからないと思ってはじめたのに、思いの外お金がかかっている(反省)

2015/04/06 (Mon) 21:02 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
俳句 思いっきり お金かかってる

夜になって大雨です。桜。。終わったな。。

最後の仕事。。パートのね。それ ちょっとワケありで
辞めることになったのね。一年後に そのワケありが
解消されそうだから 戻らないか?という連絡を貰ったの。
その時 私 俳句の勉強を始めた頃だった。あのまま
仕事に戻っていたら 私は もっと俳句に夢中になったかも。

だから 今の その清子様の気持ちが分かるような気がします。
ヒマさえあれば 俳句のコトを考えていて それに充実感
感じるのでは? 私も。。。そういう時期 あったもん。
それが 俳句で無かったコト。。ちょっと悔しいかな?(笑)

今は 自由な時間だらけで 俳句オンリーだと息が詰まりそう。
息が詰まると 困るから。。。調節してる。。みたいな感じよ。
このさじ加減も もっと句歴を積むと 上手になれるかも。

私は 俳句を続けたいの。無理なく。。俳句が好きだから。
さじ加減がヘタなので 花の季節にカメラを持って遊んでも
季語だらけの公園で ちょっと息苦しいときもある(笑)
そんな時は イヤだなぁ。。って思う。窮屈だと思う。

2015/04/06 (Mon) 23:33 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
吟行に一歩一歩の春深し

初学の頃の吟行参加は投句という句会参加の切符を買うつもりでいいんじゃないの。ベテランがどう同じ見たものを句に仕立てるかを観察する、その繰り返しで学んでいけばOKよ。

2015/04/07 (Tue) 11:34 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集
芭蕉庵に蕨があったの

華子さん、コメントありがとうございます。

清子の写真はね、俳句の一部かも。
その瞬間を切り取る。
じっとその瞬間を見ながら詠む。
だから、写真×俳句は結構べったりかも・・・。
このべったりを投句する先が、まいまいクラブ。

藤田湘子先生じゃないけど、「離せ、もっと離せ」と思いながら投句する先が、信濃毎日。

そう言えば、最近、信濃毎日すっかりご無沙汰。
毎月投句しているんだけどね。。。


みの様、コメントありがとうございます。
そうよね、急発進して坂を上ろうとしちゃダメよね。
これからは、ベテランさんの技を盗む、その心意気で今度は頑張ってみます~


関口芭蕉庵で蕨を見つけたの。
これで1句! って意気込んだけど詠めなかった・・・。
ベテランさんは、さすがに詠んでいらっしゃいましたね。
それも高得点の句だったのでは?と思います。

蕗の葉っぱが大きく育っていて、こちらは1句詠めたんだけど、蕗の葉は夏の季語なので没。
しゃがの花もあったけど、こちらも夏と教わって没。
しっかり、春に春を詠めるように早くなりたいと思ったおたまでした。

2015/04/07 (Tue) 12:40 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する