栴檀2015年3月149号

今月は3句掲載して頂きました。
ありがとうございました。


近道は昏き道なり日短
(ちかみちはくらきみちなりひみじか)

雨雲の厚く重しや枇杷の花
(あまぐものあつくおもしやびわのはな)

枯はちす水を残して終ひけり
(かれはちすみづをのこしてしまひけり)


20150303-1.jpg
(枇杷の花)


「日短」を「ひぃみじか」と詠むの、なんか素敵じゃないですか?
「ひぃ」というこの一呼吸がすごく好き♪
だから、あえて「日の短か」とか、「日短し」とは詠みたくなかった。


枇杷の花は、昨年、初めてじっくり見ました。
猫科猫族のおたまとしては、塀と猫と取り合わせて詠みたかったのだけど、
ちょっと上手くいかなかった・・・。
それとね、この写真撮った時、曇っていてとても空が重そうに思えたの。
お花自体も重そうだし・・・。
それで、こんな句になりました。。。


「蓮」関連は、昨年たくさん詠みました。
そして今年もたくさん詠みたいと思います。
だって、おたまの出没地は、上野不忍池・東大構内・小石川植物園・谷中墓地と決まっておりますので・・・。


いやぁ~、それにしても、3句ともおたまらしくない句のように思います。
どこにでもありそうな無難な句にまとめて、自分らしさがない。。。
今年の目標は自分らしさを失わないかなぁ~?
それとも、これも勉強のうちかなぁ~?



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

勉強

>今年の目標は自分らしさを失わないかなぁ~?
>それとも、これも勉強のうちかなぁ~?
どっちも正かと思います。
十七文字の俳句は、一字一音の冒険がとても大きな冒険だと思っています。
その冒険が「自分らしさ」で、表現者であれば冒険を試みることは大切で、当然なこととも。
不易、流行ともに大切であるように。
・・・と思いつつ、一字一音の大冒険は、勉強・稽古を積んで成り立つものだと、つくづく思い知らされています。
でも負けないぞ…と自分に言い聞かせて。

2015/03/04 (Wed) 15:44 | むく #E0P7TXCk | URL | 編集
チャレンジ中

むく様、こんばんは。

まだ1年なのでチャレンジ中です。
昨日出来た2句は、名詞のみでできあがってしまいました。
これって良いのでしょうか?
上中下すべて名詞です。

実際の句で、ご相談した方がいいと思うのですが、おたま的には、とても気に入っているのでどこかへ投句したいなぁ~って思っています。
だから、残念なことにここに載せられない。

何でも試行錯誤、むく様の冒険心って言葉に後押しされて、チャレンジしてみます~

2015/03/04 (Wed) 20:19 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
名詞だけの俳句

名詞だけの俳句も、動詞が二つある俳句も、タブーではないと思います。
有名な俳句を挙げると・・・

   目には青葉山時鳥はつ鰹 /山口素堂

今流に言うと、初夏の季語が3つも。
江戸時代には今ほど季またがりや季重なりにやかましくなかった、とも。
それにしても、初夏の躍動感が見事ですね。
アマノジャクぶりも見事です。

   山又山山桜又山桜 /阿波野青畝

漢字オンリー。
でも、景の鮮やかとともに、この余韻の深さはどうでしょう。

「取り合わせ」、「二句一章」ということも言われますが、それは、詠まれた俳句の構成を分析すると「取り合わせがいい」、「見事な二句一章」ということになる面も。
分析です。
句は詠うものですから、リズム、音もとても大事だと思います。
何よりも「深い余韻があるか?」と自分に問いかけることが大事だなぁと思うこのごろ。

  梅一輪一輪ほどの暖かさ /服部嵐雪

季重なりと言えばそれまで。
でも、この句の「梅」と「あたたか」は、季語同士が張り合って喧嘩はしていません。
喧嘩さえしなければ季重なりも許されます。

「しないように」、「避けるように」と言われる詠み方は、生兵法だと失敗するから。
擬人法も同様で、名句と称される句には擬人法の句が少なくありません。
客観写生と言っても、主観が全くダメということではないと思います。
いわば「大主観に立つ」ことが余韻の深い佳句を生む要諦かも。
花鳥諷詠の意味は、花鳥、すなわち自然と人生のありとあらゆる営みを、「諷詠」することだと思っています。
花鳥風月ではありません。
「諷詠」することです。
そのように虚子は教えたはずです。
その「諷詠」がなかなか難しくて(笑。

2015/03/05 (Thu) 23:21 | むく #E0P7TXCk | URL | 編集
ありがとうございます

むく様、ありがとうございます。

例句を交えて解説頂き嬉しいです。
年度末で昼も早々に仕事をしないとならないので、今晩ゆっくり読ませて頂きますね。
その後、自分の句と比べてみて、行けそうならどこかに投句してみます。

コメント本当に嬉しかったです。

2015/03/06 (Fri) 12:43 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する