俳句α2015年2月号

今となっては言い訳みたいだけど、この2月号用の投句をした頃は、心が思いっきり重たかった時期。。。

俳句αに掲載された句「夕暮れやホーム転がる赤い羽根」は、思いっきり実景。
満員電車に乗った時、取れて落ちたのか、
もう、用無しになったのか。。。。
赤い羽根のわずかな人生みたいな・・・。

このときの自分の気持ちを表していた1句も投句していた。
それが、次の1句。
この句、今、読んでも好きな1句。
きっと、先生たちにはおたまの気持ちは伝わらなかったのだと思ふ。。。

メールでは何もわからぬ秋刀魚焼く


20150114-1.jpg


それにしても、俳句αとは相性が悪い・・・。
たぶん、一度も佳作や入選なくして定期購読終わってしまいそう。。。

相性が悪いって責任転嫁も甚だしいか・・・。
実力なしってこと。。。

と、書きながら、最近のおたまは、結果の受け止め方が変わってきたのは確か。
以前は、「選」が一番だったけど、今は、この自分が詠んだ句が手元に貯まっていくことに喜びを感じる。
読み直すと、その頃のおたま自身が垣間見られるから。。。
「選」ではなく、詠み続けること、これが楽しいって思えるようになった。
そして、読み直すことがもっと楽しい!

って、生意気な!!
1月が終わる頃に、俳句初めてやっと1年なのにね~



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

赤い羽根

こんにちは。
そろそろ 芦屋教室の4句を考えないと。。とか思う
華子ですが 「採氷」を終えた 解放感に  未だ 浸っております(笑)

が。。今日のポストで 2句も載せてもらって。。これって
木曜日のチャンスを失ったか?とかも 思って。。朝ドラバージョン。

「二日目の色の褪せたる赤い羽根」華子。。。で 今回 見事に落ちました。
清子様も 赤い羽根だったと見て おおおお とか思っていたの。
そっち方面に気持ちは行くよね。。分かります。。良く分かります。
悔しいね。。「赤い羽根」今年も 詠もうね。。絶対。

メールでは何もわからぬ秋刀魚焼く 清子様

これはねぇ。。そうね。。自分の記憶用かもね。こういう
自分の激しい思いとかを 17音で表すのは 高度なテクニック?
それなりのキャリア?が いるように思います。スイマセン。

私も そういう気持ちあると。。思う。もちろん 入選して(佳作でも)
そこで 自分の一句は 少しだけの自信を杖に 立ち上がる。
その杖が貰えなくても いいもん!私は これ好きだもん!って
作品を自分の中に残せるのは すごく楽しい。大切にしたい一句。

俳句って?とかいう 奥の深いカテゴリーだから 自分の気持ちも
どんどん変わってきて 当たり前だよね。「選」に対しても
もっともっと 自分の気持ちは 変わって来るように思う。。

鑑賞するとき時は 心の底から みんなとの交流を楽しんで
でも その他は。。孤独な趣味だと思う。だから 鑑賞(句会)を
大切にする人が多いと思う。「選」も 交流の域かなぁ。。
吟行も 交流かなぁ。。孤独な作業だから 交流が欲しくなるのかなぁ。

2015/01/14 (Wed) 15:09 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集

こんにちは。
メールでは何もわからぬ秋刀魚焼く
この句は、
「秋刀魚を焼く」ことについての、雰囲気とか匂いとかそういうことが
メールでは伝わらない
といってるのか
何かメールではわからないと思う気持があって、
そう思いながら秋刀魚を焼いてるのか
どっちだかが分かりにくい句だと思います。
「わからぬ秋刀魚」で連体形なのか
「わからぬ」で終止形なのか
そこがはっきりするといいんじゃないかと思ったり。
後者だったら、ねらいは面白いと思いました。

2015/01/14 (Wed) 16:19 | Sima #- | URL | 編集
本物

>自分が詠んだ句が手元に貯まっていくことに喜び
その通りだと思います。
俳句は「人生いかに生きるべきか」を扱うものではなく、生きてきた道が俳句の集積なのだと。
俳句の先生イコール「本物」とは限りません。
本物中の本物は、自分が目指すものの彼方にある、と思って良いのではないでしょうか。
それがどんなに有名な人の有名な句であれ、他人と同じような句を詠んでもつまらない、と考えるならば。
先生方はその導き手。
導き手として本物の先生であっていただければ良いと思いますが、何よりも自分が本物を志向すること。
生きているうちに有名な先生が百年先にも有名な俳人であることは、まずないでしょう。

2015/01/14 (Wed) 22:06 | むく #E0P7TXCk | URL | 編集
Re: 赤い羽根

華子さんも赤い羽根詠んでいたのですね。
それにしても、俳句αとはことごとく愛称が悪い。
本が届いてわくわくっていうのがなくて何ヶ月たったんだろう。

清子はね、俳句が孤独って思わない。
もちろん、考えているときは一人だけど、それを発表する場が楽しいから。。。

最近、推敲するとき、栴檀の主宰やいつき組の組長の顔を思いながら推敲するの。
こう詠めば、先生はなんて言うだろう?なんて考える。
句会の時の先生のコメントやプレバトの組長の言葉を思い浮かべて。。。
「吹かない風はない」とか「自分の感想は述べない」とか。。。
そんな突っ込み絶対にさせないぞって思いながら。。。

と、いいながら、どこか抜けているときの方が多いけどね。

2015/01/15 (Thu) 12:28 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
狙い

sima様、ありがとうございます。

狙いは後者。
でも、もう一歩踏み込まないとですね。

子どもから、近況のメールが来たけどさっぱりどんな状況なのか分からない。
ぶつぶつ言いながら秋刀魚焼くっていう具合。

今なら、お餅でもいいのかも。。。

2015/01/15 (Thu) 12:32 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
ようするに

むく様、ありがとうございます。

先生は導き手、その通りですね。
そして、俳句を読み続けても結論はないと言うことでしょうか。
なんとか選をもらって終わりではなく、通過点。
だから雑誌投句もひとつの物差しであると解釈いたしました。

今年は、自分の俳句を詠みたいと思います。
それが自己満足でもいいかなぁ~って思います。
ようするに、少しでも自分が満足できるものを多く詠むことが今年の目標です~

2015/01/15 (Thu) 12:41 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

おはようございます。

私は皆さんのように巧くいえませんが俳句は結局「自分のために詠む」でしょうか。
そこで選に入れば「嬉しい!」そしてブログにアップして自慢しちゃう!
でも選に落ちても自戒をこめて(ちょっと大げさですが)ブログアップする。私の場合でした。

2015/01/16 (Fri) 10:05 | ヤッチー #- | URL | 編集
自分のため

ヤッチー様、ありがとうございます。

「自分のため」となると、俳句詠んでいるのが楽しくなりますよね。

去年は、ポストの金曜日を読むのが嫌な時期がありました。
結果ばかりを求めて時期ですね。
この時は、自分のためではなかったかも。。。
今は、みなさんの人生や生活が垣間見れて毎日ポスト読むのが楽しいです~

2015/01/16 (Fri) 12:27 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する