俳句界2015年1月号 雑詠

俳句界2015年1月号 雑詠


右左あわぬ靴下秋の暮
(みぎひだりあわぬくつしたあきのくれ)
「佳作」


西池冬扇先生に佳作に選んで頂きました。
ありがとうございました。


20141230-1.jpg


残りわずかになりました。
今年は、自分ではどうにも出来ないようなことが色々とあった。。。
また、この時期まで仕事も終わらず・・・。


年用意できぬ自分のもどかしさ


あれあれ、主観はだめって教わったはず。
でも、今の正直な気分。。。

今年は、初心者、思いついたまま十七音にしました。
多作という点では、よく頑張ったと思う。。。
一日平均十句は詠んでいたかも・・・。
まずは十七音にすることが大切という気持ちからでした。

でも、来年は、自分の詠みたい景をもっと時間をかけて推敲してみようと思います。

1、AとBの取り合わせで詠む。
2、主観は述べない。
3、説明、報告はダメ。
4、写生、即物具象する。

この4項目を以て推敲することが来年の目標です。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

コメント

おたま姉さんのパワーに、押されっぱなしの年でした。
俺も、来年は考えて俳句を作りたいと思います。
宜しくね。

2014/12/30 (Tue) 08:20 | 杉本とらを #- | URL | 編集
来年も・・・

とらを様、来年も突っ走りますよ~

俳句の一年を振り返ると、涙が出るほど思い出がたくさんあります。
たった一年なのにね。。。

これも、お友達がたくさん増えたおかげです。

来年もよろしくお願いします。

2014/12/30 (Tue) 09:15 | おたまおばさん #- | URL | 編集
とらを様 みっけ!

おはようございます。
今 角川のハガキ ポストインしてきました。
とらを様の書き込み 携帯で拝見してます。ありがとうございます。

この気持ちは「息白し」出せた。。安堵感と どれひとつ自信作が
書けなかった哀しさ。。。私は ダメだなぁ。。と 又思う。

昨夜 清子様が「おでん」がんばってると聞いたので 私も
書いたよ。。あの欄。空欄だけは 避けた。

清子様 とらを様
気が短い。。。でも 思考回路は鈍い 華子に たくさんの刺激
ありがとうございました。。ちゃうよ。。ありがとうございます。

私は 来年は 一箇所に集中して なるべくたくさん詠めるように
なりたいです。〆切に勝てなかった自分を認め 方向を少し
変えてみます。だけど 刺激は欲しい。。一人で黙々と。。では
病気になる(笑)

だから来年も このまま 私に刺激を下さいね。
よろしくお願い致します!

2014/12/30 (Tue) 11:07 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
入選 おめでとうございます。

そういえば 私も 左右で靴下詠んだなぁ。。Azbyで。
左右ある。。。靴下だったと思う。季語は。。夏かなぁ。。忘れた。

合わぬ。。は 息子と主人の靴下を合体?(笑)
私は 良く そのミスするよ。。普段 老眼鏡掛けないで
いっぱいいっぱいミスして 怒られてます。。家族から。

そうね。。清子様は いっぱい詠んでると思う。
私から見たら それこそ 実力だと思うよ。

2014/12/30 (Tue) 11:13 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
トラブルばかり

華子様、こんにちは。

角川に書く予定の俳句を俳句界に書いてしまった。。。
これって、すごくショック。

毎月5日に栴檀東京句会の俳句を提出。
毎月15日必着で栴檀雑誌の俳句を提出。
だから、角川・俳句界・栴檀東京句会・栴檀の4分類をきっちり分けて選んでからはがきを書くの。
その初っぱなから間違った・・・。
でも、どうにか投函完了。


それに加えて、子どもの年賀状印刷手伝っていたらインク切れ。
インク切れの予測はしていたので、ヨドバシには発注済み。
でも、まだ届かない・・・。
と言うことで、自分のはがきがまだ印刷できない。
これっもすごいショック。


もうひとつ、アメ横に買い物に行ったら、身動きとれなくて、買いたいものも買えずに引き下がって帰ってきた。
アメ横って、年末は8時30分から始動しているって知らなかった・・・。
(清子は10時頃アメ横に到着。遅すぎた・・・。)
アメ横は諦めて、近所で買い物することに・・・。

と言うことで、トリプルのトラブル。
なんといいう年末なんだろう。


華子さんは、左右なんだ~
清子は右左。
どっちでもよいかな、こんなこと。

実は、洗濯すると、息子の靴下だけどうしても右左が揃わない。
片方だけの靴下がたっぷりあるの。
だから買い足す時は、出来るだけ同じもの・・・。
と言うことで、寒くなったのに靴下が揃わないよ~って感じでしょうか。

華子さんこそ、南風の刺激いっぱい受けて教えてくださいね。
来年もよろしくお願いします。

2014/12/30 (Tue) 14:46 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
右左あわぬ靴下秋の暮

忙しさにかまけてごぶさたしております。
俳句界1月号掲載の御句、あ…おたまおばさんだな、と気がつきました。
> 先割れのスプーン談義鯨食ぶ
この御句、とても気に入りました。
鯨も冬の季語ですが、泳いでいるのを見ることもないので、なかなか詠む機会にも恵まれません。
先割れスプーンの話に花を咲かせているのは私と同じ団塊の世代か、と。
鯨の竜田揚げは、先割れスプーンで食べた学校給食のご馳走メニューだったからです。
今では珍味にもなりつつある鯨の刺身など肴に、遠き日の思いを馳せている姿が。
佳いお年を、そして来年もご健吟を。

2014/12/31 (Wed) 09:26 | むく #E0P7TXCk | URL | 編集
お久しぶりです

むく様、ご無沙汰です。

俳句界では、しっかりマーカーしてむく様の句も拝見させて頂いてをります。

> > 先割れのスプーン談義鯨食ぶ
> 先割れスプーンの話に花を咲かせているのは私と同じ団塊の世代か、と。

おたまは、団塊の世代には少しだけ(本当に少しです)遅れています。
脱脂粉乳は知らない世代で・・・。

でも、先割れのスプーンで鯨の竜田揚げを食べていたので、ここまで年を重ねると、大きなくくりで同じ世代ですよね。

俳句も、今年は「○ヶ月」と初心者を売りにしておりましたが、年明けあたりから年単位で俳句歴を言うことになります~
いつまで初心者と言っていいのかなぁ~と不安ですが、むく様、来年もどうぞよろしくお願いします。

2014/12/31 (Wed) 10:41 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する