まいまいクラブ「ケータイ写真俳句」12月26日発表

まいまいクラブ「ケータイ写真俳句」
12月11日正午~12月18日正午受付分
大高翔先生選


老いるとは深むてふこと唐辛子
(おいるとはふかむてふことたうがらし)
「選外」


ケータイ写真俳句1218締切_丸山清子


八百屋さんで、乾燥用の唐辛子を束ねて売っていました。
この色の良さ。。。
すぐに思い浮かんだまま、投稿しました・・・。
この句には自分が居ない??

まいまいクラブは、今年前半結構よい成績でしたが、後半は選外が続いています。
特に12月は、自分で納得の出来る結果がどこにもないかも。。。

こういうときは、東京ロマンチカの思い出だけで乗り越えることに致しませう。
いろいろな句に出会えて、みなさんの俳句への思ひ、鑑賞力・・・、充実した時間だった。。。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

こんな携帯ストラップ買いました~

おはようございます。

なんか。。。やる気が出ない(家事も宿題も)華子です。
年末の この空気 イヤダよね。。なんで みんな 忙しそうに
するんだろう。。なんで スーパー こんなに混むんだろう。。
2日から開くんだよ。。スーパー。

どこだっけなぁ。。花の寺詣りか。。道の駅で これとそっくりの
ストラップを その時背負っていたリュックに付けたくて 買いました。
赤が揺れて可愛いの。

ロマンチカは 結構あるよね。。年に数回はある?
良い回数かも。。自分の心の支え?かな?(笑)

哲学的。。とでも言うのですか?こういうパターン。
自分がいないのかなぁ。。全部。。に自分が出てるのでは?
言いたいこと 思ったコトは分かるなぁ。。って気はしますよ。
私も「去年今年」を考えてるけど こういう発想になる。取り合わせ。

冷静になると そういう形の取り合わせって 自分を出し過ぎてる感
ありに思う。私の好みで無い。。重い空気も感じる。

「天井に豆球一つ去年今年」華子 昨夜詠みました。ヘンなの。
豆球ね。。。詠みたいのよね。。孤独な豆球さん。いつもあるのに。

清子様も とらを様の大ファンだから 書きますね。
とらを様のように 長く詠む。。それも 新鮮で 謙虚な姿勢で。。
私は そういう道へ進めたら良いなぁ。。と思ってます。
理想は高すぎるけど 毎月の結果に振り回されてる華子だけど
イヤにならないで詠んでいけたら そ以上は 望まないなぁ。。とか思う。

2014/12/29 (Mon) 11:52 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
忘れた。。。本題!

角川のP163 見ました。
同じ作者による類想。。なんですね。そうか。。
で 入選取り消しかぁ。。自分から 取り消しを
申し出たんだろうか。。「まさか。。の入選だったので」みたいな?

「俳句界12月号」って書いてある。はっきりと。これも すごいわ。
17音がすべて同じ。。では無いんでしょうね。助詞とかの入れ替え
かなぁ。。まぁ。。気持ちは分かる。。って気もしますね。

それに 大きなコンテストでも無いのに ここまで 書かれないとダメ
かなぁ。。黙って 消せば良いかと思うけど。厳しいねぇ。。

そういえば。。昨日のFさんとの電話でも そんな話出てたなぁ。。
あっちこっちの句会へ出ている人は 助詞一箇所変えて
出す人も居ますよ。。って。でも それがダメだとは言ってなかった。
言ってないけど 良いとも言ってなかった(笑)

誰から文句が出るレベルでないと私は思うけど。その人の
自分の俳句感覚が そういう投稿になったのなら。。
それに きっと 両方に載った瞬間 その人は 冷や汗だったと思う。
「ラッキー」と思えるなら それを続けても良いと思う。

そうね。。自分が参加したい場所のルールだけは 守らないと
ダメだね。この人も 角川に載りたいなら そのルールを守るだろう。

その上の「俳句甲子園 公式作品集」これ 良いね。
図書館にも置くかなぁ。。読んでみたい。

2014/12/29 (Mon) 12:12 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
難しい問題

華子様、本題まで答えて下さってありがとうございます。

この作者の句は、本当に似ていましたね。

でも、人ごとには思えないことかも。
表に出る者が多くなると、このような問題はつきまとうのでは?と思います。

それにしても、赤いキーホルダー見てみたいですね。
いつか、ブログに写真UPして下さい。

赤は、魔除けだからよいですよ。
数年前、流行した赤い下着、清子の家から二駅ほど行ったところが有名な巣鴨(じいちゃんばあちゃんの銀座と言われている)です。
そろそろそういう年齢かも?

いやいや、俳句甲子園の何とやらという本読んで若い気分にならないと~
角川の若手の俳句楽しかったですね。
何度も読んでいます。
紗希さんトップバッターなのさすがです。
それにしても三村何とかさん、やっぱり視点が違う。
それを含めて読むの楽しいですね。

2014/12/29 (Mon) 21:00 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する