俳句ポスト水曜日 第93回兼題「牡丹鍋」

牡丹鍋戦場となるガード下

●両国の猪鍋やももんじやは軒に吊るした大猪と看板の金色の猪が目を引きます。/きらら☆れい
●よしあき君、こんにちは。浅草から両国橋を渡ると、橋の途中から壁面にイノシシが彫り込まれている古い建物が見えてきます。そのイノシシがなかなかかわいい!「ももんじゃ」という老舗の料理屋さんで、イノシシや熊など「ジビエ」料理が有名です。左を見れば、スカイツリーと隅田川。夏は花火。東京にお越しの際にトライしたらいかがでしょうか!/紅あずま
●両国の創業1790年の「ももんじや」という老舗があります。店構えを見たことはあっても入ったことはありません。数日「牡丹鍋」と呪文のごとく唱えていると、ガード下に数年前オープンしたという「ももんじ屋」を思い出しました。ただ、何処ガード下だったか…。今の世の中はとても便利で、パチパチとキーボード打って検索すれば、簡単にわかりました。神田のガード下でした。こちらも行ったことはありませんが、このガード下の「ももんじ屋」のイメージで数句詠んでみました。/丸山清子

きらら☆れい様も東京人かなぁ~。
きらら☆れい様、紅あずま様と並んで同じお店のこと書いていますね。
やはり、東京では両国の「ももんじや」有名ですよね。
あのインパクトのある看板がいい味出していますよね~

掲句「牡丹鍋戦場と化すガード下」のほうがよかったかも・・・。
今さらですが・・・。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する