信濃毎日新聞 フォト×俳句 12月11日掲載

信濃毎日新聞 フォト×俳句 12月11日掲載
坊城俊樹先生選


A型は八方美人秋の空
(えいがたははっぽうびじんあきのそら)
「入選」


フォト俳句1113締切(丸山清子)


また、坊城俊樹先生に入選を頂きました。
ありがとうございます。

信濃毎日新聞は、掲載前にお電話をくださいます。

お電話の内容は、
作品に間違えが無いかどうか。
掲載名はどちら(本名か俳号か)にするか。
年齢は、投句したときと変わりがないか。

それに加えて、今回は、約1ヶ月間に3度も名前を掲載して頂くことになったので感謝のご挨拶をさせて頂きました。
また、全国大会の表彰式に行けなかったことへのお詫びを平身低頭に・・・。

このようなお話しをさせて頂いて電話を切りました。
いつもなら、掲載される喜びでわくわくなのですが、今回は、「この句が通用したんだ」と言う喜びやおかしみで笑いがこみ上げてきました。

実は、掲句は俳句と言えるのだろうかと、9月からズーッと悩んでいたもの。
某テレビ番組のゲストを見ていて、「この人って、きっとA型なんだろうな」と感じ、偶然出来上がった五七五。
たまたま五七五であって、たまたま季語があるだけで、これは、俳句じゃないと思いつつ時間が過ぎました。
普通なら、これで忘れるか、捨てるか、お蔵入りなんでしょうけど・・・。
10月に信濃毎日の全国用の写真を整理していたら、この写真と取り合わせたら面白いかもと思ってしまいました。

ということで、ダメ元で投句。
中谷吉隆先生の選なら写真が認められたのだろうと判断いたしますが、坊城俊樹先生に選んで頂けたということは俳句が認められたと受け取ってもよいのでしょうか。。。


20141213-3.jpg


坊城俊樹先生の選評
句が面白い。この蝶がA型でもなんとも社交的な美人に見えてくる。秋麗だからこそ。


そうこの蝶のように、あのゲストさんは社交的な美人でした。

それにしても、何度読み返しても笑いが溢れてくるおたまです♪



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

おめでとうございます。

Aか?
Bか?
Oか?
ABか?
どの血液型がピンと来るかが決め手の作品ですね。

そういえば、年齢は掲載されなくなったのかなあ?

2014/12/13 (Sat) 08:24 | 杉本とらを #- | URL | 編集
おめでとうございます。

坊城さんの選句は好きです。
で、この作品は坊城さんが好きそうな作品かと(笑)

あっ!私の手元の新聞には年齢が・・・
見なかった事にします(笑)

2014/12/13 (Sat) 08:45 | 山走子 #- | URL | 編集
おめでとうございます。

おはようございます。

新聞に 又。。載った!そんな感じですね。すごい~

この12音は 私 すごく良いと思いました。蝶々はA型が似合うような。。
私は そう思う。。。根拠無いけど(笑)だから 写真あっての12音だとも
思いました。楽しい作品ですね。

私が 蝶々が 八方美人だと思うのは 春かなぁ。。が 確かに この蝶々の
色は秋を思う。。。で 花は何?菜の花?

このサイトは 本当に レベルが高いと思うので そこへの入選は
写真俳句にも 自信が持てますよね。おめでとう~

2014/12/13 (Sat) 10:09 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
選句

そうそう、信毎のこのコーナー。
実は一年間記録をとってます(笑)

坊城さんと、中谷さんが選ぶ作品というか人は、面白いくらいにはっきりと分かれてます。
私は今年6回掲載されていますが、うち5回は坊城さんです。
逆に中谷さんにだけ選ばれている人達もいます。
二人の選者の好みの差が多分ハッキリしているのでしょう。

ところがです。
唯一例外な人がいて、二人の選者共に選んじゃう人がいるんですよ。
お察しのとおり、我らが「とらを」さんです。
自分としては、それがなんか嬉しかったりもします(笑)


2014/12/13 (Sat) 10:59 | 山走子 #- | URL | 編集
No title

こんにちは。
面白い作品ですね。
八方美人って、割とマイナスイメージのある言葉で、
この句だけだと、
自嘲を込めた句かなって感じがしますが、
この可憐なヒメアカタテハの写真が加わると、
また違った感触の句に広がりますね。
「秋の空」が
「天高し」的な晴天イメージにも
「女心と~」的な変りやすい天気イメージにも取れるので、
余計に写真とのコラボで
新しい展開ができたのかも。

いつも楽しみにさせていただいてます。

2014/12/13 (Sat) 12:30 | Sima #- | URL | 編集
俳句α増刊 凹み号。。。

こんにちは。

清子様 とらを様 予選通過 おめでとうございます。
まだ しっかり見てないから 本線でも載っていたら 教えてね。

華子は 今年も 4句の中の 一押しが かすりもしませんでした。
それでも 1句 なんとか予選通過。。だった昨年でしたが 今年は
他3句も予選通過できない。。厳しい結果でした。

こんな時は 色々思うけど どれも 自分の本当の気持ちでないように
思うから。。まあ。。しゃーない・・・と言っておきます(笑)

それで 清子様が驚いていた「結社奨励賞」ね。今回は「85と62」で1位。
前回は「90と75」で1位。その前は「66と39」で1位 で その前 15回目のん
これ初めて手にした増刊号なんだけど 「92と65」で1位。すべて 二位との差が
すごいのよね。ダントツ状態です。

大好きな軽舟さんが こんな結社のトップだとは嬉しくない真実なのです(笑)

いったいいつから「鷹」はトップ賞 独り占めなんだろうね。

私は 第16回目の大賞の作品に じーんときました。
「人知れず人死ぬ国の桜かな」堀切綾子様

そうね。。年齢が高いよね。読み応えある大会です。

2014/12/13 (Sat) 16:54 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
ありがとうございます

皆様、コメントありがとうございます。

★とらを様
この間の「左右」の時は字数あわせで詠みましたが、今回は「A型」でなければ絶対にダメ。
おたまは、典型的なA型。とらをちゃんは、O型のような気がするけど・・・。
年齢は、上手くごまかしました~。


★山走子様
山走子様には、年齢ごまかせませんね~
山走子ちゃんにとらをちゃん、いまだ迷へる姉さんをしっかり引っ張っていってくださいね♪

山走子さんの統計、素晴らしいです。
その統計、いつか見せて頂きたいものです。
それにしても、とらを様の素晴らしさは、数字に表れるのですね。
とらを様には、班長の責は、ずーっとお願いするしかないですね。


★sima様、ありがとうございます。
「女心と~」気づいて頂けて嬉しいです。
おたまは、A型で、自己主張せずに、話は人に合わせるタイプ。
だから「八方美人」と陰で言われていました・・・。
(外見は美人とはほど遠い・・・)
あのテレビの中のゲストも、上手く話を合わせていたので、絶対にA型って思いました。



★華子様、・・・。
予選通過と通過しなかった句の差は、素人の清子にははっきりとはわからないけど、このようにいろいろなことにチャレンジして、細々でも続けて行くことが大切なのでは・・・。

清子の予選通過だって、通過しただけ選に選んでいただいたわけではなく。。。
底辺で比べてもダメですね~。

しかし、しかしですよ!!
この嘆きの裏に・・・。

よく読むと、石寒太先生の選にあのお方掲載されていますよ~
やっぱり実力者!!

金子兜太先生の所にも~
さすが、まいまいトップ3のうちのお一人!!

パチパチパチ

このところ、拍手ばかりして手が痛くなってしまいましたよ~


実は、昨日の句会では、先生にひとつも採ってもらえず、さらにひとつも触ってももらえませんでした。
時間があったので、「質問ありますか?」と聞いて頂いたのですが、もう、気分は凹んで尋ねる気力さえありませんでした。

俳句って、同じリズムで思うようにコンスタントに詠むのって難しくないですか?
あと、自分でよいと思っても独りよがりなときも。
昨日の清子の句は、基本的なことをすっかり忘れて、独りよがりな句だったように思います。

一進一退、いや、一歩進んで二歩下がる気持ちでお互い行きませんか~

2014/12/14 (Sun) 08:42 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する