栴檀2014年12月146号

栴檀の実とおなじ陽に我立てり
(せんだんのみとおなじひにわれたてり)


20141210-2.jpg
(本駒込/吉祥寺)


栴檀2014年12月146号にて「新会員」としてご紹介頂きました。
ありがとうございます。

栴檀東京句会にお世話になって早半年。

今年に入って自分のために何かしたいと考えていたころ、俳句に出会いました。
俳句に出会ったと言うより、TBSのプレバトの夏井いつき組長に出会ったというのが正確ですね。

出発点がバラエティーなので、その頃は、まさか結社に入って俳句をするなんて考えてもおりませんでした。
暇つぶしに楽しめればいいかなぁ~ぐらいの気持ちからのスタートだったのです。

しかし、俳句を詠もうと思っても、五七五と季語というルールしか知らなかったおたま。
この時はどうするんだろう?
こういうことはOKなのか?
疑問が渦巻き、学ぶ場所を探しました。

土日の昼間、できるだけ近所という条件で探し出したのが栴檀東京句会。
お試しで参加させて頂いた時、その雰囲気がとても楽しく、即入会を決めてしまいました。

その後、句会だけではなく結社へもお誘いを受け、学べる場を増やそうと栴檀への入会決めました。

この様な流れで、辻恵美子主宰の栴檀に入会させて頂いたからには、しっかりと生活・季節・俳句に向き合いたいと気持ち新たに掲載された自分の名前を眺めました。


20141210-1.jpg
(駒込/吉祥寺)


近所に、吉祥寺というお寺があります。
栴檀林は江戸時代に昌平黌と並ぶ漢学研究の中心であったとか。
今日の駒澤大学の前身だということです。

こう考えると、つくづく栴檀とはご縁があったのだろうと思うおたまです。


(写真は11月頃です。「栴檀の実」は秋の季語です)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

栴檀は双葉より芳し

こんちは~。

とうとう結社に正式入会ですか。おめでとうございます。
新しいおたまおばさんの出発ですね。
入会する前からブイブイ飛ばしているね。
結社誌に句が載りましたか。今度見せて下さい。

2014/12/10 (Wed) 10:45 | 写俳亭みの #701gxeB2 | URL | 編集
今度は花を

みの様、ありがとうございます。

まだ、新入会員紹介の名前が載っただけで、順調にいけば俳句掲載は2月。
でも、全員の句が載るわけではないと思います。。。
と言うことは、没もあるってこと?

葉書投句は5句。
今月投句分は、残っている句を俳句αと分けて投句済ませました~

残るは、12/11締切の信毎。
写真はあるのだけど、これって思える句がない。
カレンダーよく見ると、明日締切かぁ。
手元に残っている俳句を適当にあてるしかないかなぁ~

2014/12/10 (Wed) 12:38 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する