まいまいクラブ 11月7日「秋の蜂」

まいまいクラブ「ケータイ写真俳句」
10月23日正午~10月29日正午受付分
大高翔先生選


秋の蜂ゆるやかな陽を浴びてをり
(あきのはちゆるやかなひをあびてをり)
「選外」


ケータイ写真俳句1030締切_丸山清子


大高翔先生のコメント
「食卓に珍しきもの」、「咳一つ」、「ゆるやかな陽」、「弟に負けて」、「夕陽差し込む」、「秋とじ込めて」、「朝の窓」と、身の回りから季節の囁きを確かに見だしていますね。

翔先生、いつもありがとうございます。
おたまは、頑張って見つけています~。


「蜂」が季語だろうと言うことは、初心者のワタクシメにもわかっていたこと。
その「蜂」を調べてみると、「秋の蜂」「冬の蜂」という季語までもがあるとは。。。
これは、使って読まない手はないだろうと1句詠んでみました。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する