角川俳句2014年10月号 雑詠

角川俳句2014年10月号 雑詠

9月末にブログ掲載していなかった10月号入選句がもう一つ。
(忘れないようにupします~)


祭足袋指の先まで騒ぎをり
(まつりたびゆびのさきまでさわぎをり)


20141030.jpg


伊藤伊那男先生に「佳作」に選んで頂きました。

この句、神田祭のころに詠んだと記憶しています。
江戸っ子らしい雰囲気を追求してみました。

実は、2番目の息子が祭大好き人間で、
お祭シーズンは、地に足がつかない状態になります。
その雰囲気が表現できていると、自分の句ながら感心しています。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

角川ハガキ 全く埋まらず。

こんばんは。模様替えですね。
入選 おめでとうございます。
そうか!自分の気持ちが詠めたのね。。で入選。
それは すごく嬉しいコトだと思います。

確か3日前ぐらいまでは 句会が終われば 角川だ。。と
覚悟してたのに この真っ白ハガキは どうしましょ?
みの様は 当日消印オッケーと言ってたけど 華子も そうなる。

自分の気持ちが 自分でも良く分からないけど 詠めるとか
詠めないとかに関係無く 趣味俳句 もうちょっと スピードダウン
したいです。マイペース。。安心のマイペースを見つけたい。

お仲間が 色々 挑戦されていても へぇ~で終わりたい(笑)
そのためにも 華子は こんな道を進みます。。を見つけないとね。

清子様は「きのこ」が詠めないの意味が やっと分かりました。
このハガキを切り取ったさっき。。。分かった(笑)

2014/10/30 (Thu) 21:28 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
きのこ

華子様、ありがとうございます。

こちらの返信が遅くなりました。

無事、投函したということ、きのこ詠めましたか?
清子は、思うような句にならず、取りあえず参加の気持ちでハガキ書きました。

いつも思うのですが坊城先生のお題は難しいですよね。
漢字1文字なら、自分で単語を選べるので詠めるけど、単語が兼題になるとむすかし・・・。
「きのこ」を「茸」にするのはOKだったのかなぁ~?
わからなかったので「きのこ」で詠みましたが・・・。

角川・俳句界両方とも終わったので、一息つきたいところですが、今度は栴檀の締切が11/5。
こちらも、頭が痛い。。。

ポストの「上着・ジャケット」も結構難しいですね。

締切に追われていると、頭の片隅にいつも俳句があります。
どこかで、気分転換しないと・・・。

2014/10/31 (Fri) 12:39 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する