俳句ポスト 第74回兼題「蓮」

俳句ポスト 第74回兼題「蓮」
7月23日 水曜日お便りコーナーに掲載いただきました。

大観の描きし空気蓮の池
(たいかんのえがきしくうきはすのいけ)


●天心氏に「空気を描く工夫はないか」と設問され、大観は、没線画法を菱田春草氏らとともに考え出し、墨画に新境地を開きました。当時のマスコミは「もうろう体」という嘲笑語をつけ不評でしたが、アメリカで爆発的人気を得ました。(おたまのコメント)
○俳句でも、空気が描けたらカッコイイ♪(夏井組長のコメント)


上記のおたまのコメントを読んでも、意味がわからないかも。。。
もう少し注釈つけます。
(俳句ポスト投句時には、別の俳句のコメント欄で組長宛注釈をしていました~)

不忍池近くに横山大観記念館(実際に大観が住んでいた建物)があります。
その不忍池の蓮は見事です。
そこで、蓮と横山大観を繋げて句を詠みました。
横山大観が描いた絵には、「蓮」という絵もあります。
この不忍池を見ながら描いたのではと、想像しちゃいます。


ただ、先日(投句後)、蓮の花の写真を撮りにいったら、
横山大観記念館の前は、不忍池のボート池で、
蓮池からは少し離れていることがわかりました。

月一回ぐらい、自転車でこの前を通っているのに
今まで、ズーと蓮池の前だと思っていたのです。
大きな間違えに、今、気がついてよかったのか、
今まで気がつかなかったのを恥じるべきか・・・。


20140724-1.jpg
(上野公園/不忍池)



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

ご無沙汰です

清子さん、ご無沙汰。隣安です。前回ロマンチカの帰りに「おたまおばさん」と書いたメモを無くし、今ひょんなことから、こちらに辿り付きました(^^;;
「俳句ポスト」頑張ってますね。俳句教室での組長との真摯なやり取り、勉強になります。句作も進歩されているようで、なによりです。かなり間延びしたご挨拶になりましたが、今後ともよろしく。

2014/07/24 (Thu) 18:43 | 隣安 #- | URL | 編集
こちらこそご無沙汰です

隣安様

こんばんは、よくぞお越しくださいました。
こちらこそご無沙汰です。

チーム隣安こそ、俳句ポストでご活躍ではないですか!
チームで、五曜日制覇したじゃないですか!!!

今、正座してプレバト見ています。
「隅田川花火大会」がお題ですね。

また、東京ロマンチカでご一緒できると嬉しいです~

2014/07/24 (Thu) 19:50 | おたまおばさん #- | URL | 編集
没線描法

>大観の描きし空気蓮の池

佳い句ですね。
言葉で絵を描く俳句は、空気を描くことに他ならないのかも、と。
どんな空気をどう描くかが問題、ということになるのでしょうか。

2014/07/24 (Thu) 21:42 | むく #E0P7TXCk | URL | 編集
空気

むく様、ありがとうございます。

どういう空気感なのか掴み取る事が難しいですね。
その場の空気がつかめれば、俳句できますものね。。。

目の前にあっても言葉が思いつかない時もある。
(いや、その時の方が多い)

俳句って、つくづく難しいと思います。

2014/07/25 (Fri) 12:29 | おたまおばさん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する