俳句ポスト 第73回兼題「青田」2

俳句ポスト 第73回兼題「青田」
7月16日 水曜日お便りコーナーに掲載いただきました。

ビル見上げ青田一枚背伸びせり
(びるみあげあおたいちまいせのびせり)


●小石川後楽園(植物園)に田んぼがあります。農民の苦労を教えるために徳川光圀が作らせたそうです。たった1枚ですが、毎年お米を作っています。今は、地元の小学生が田植えから刈り入れまでしているそうです。植田なら「爪先立ち」だと思いますが、今回は「青田」なので「背伸び」にいたしました。(おたまのコメント)


20140720-1.jpg
(小石川後楽園のたった1枚の青田と文京シピックセンター)


木曜日、金曜日の俳句の選句結果を読んでわかったのですが、
「青田」は、背丈が伸びたとか、大きくなったとかそういうことではなく、
青田の匂いとか、空気感とか、清涼感とか、青さとか、
そういうものを詠み込む必要があるたい。

結果を見るまで、青田らしさを理解できていなかった。。。
だから、全くダメ句。。。

日々勉強と思っているので、このことは覚えておこうとは思うけど、
「青田」なんて、この先絶対に読まないと思ふ。。。



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する