桜ふふむとは言わない?

頬染めて緩びはじめる花つぼみ
(ほほそめめてゆるびはじめるはなつぼみ)

20140324-1.jpg
(2014/3/24撮影 藪下通り)


「梅」と言う季語は勉強したばかり。
その中で「梅ふふむ」と言う言葉(季語)を知った。
「ふふむ」とは、蕾のままである事を言うけれど、
俳句では、梅に多く使われているみたい。

では、「桜ふふむ」とは言わないのだろうか?
ちょっとだけ調べて見たら
万葉集に「いまだふふめり」とかで
桜がふふむとして載っていた。


「梅ふふむ」の季語があって、
「桜ふふむ」の季語はないというならば、
つぼみの膨らみ方なのか
花の咲き方なのか、
梅はつぼみを愛で、
桜は花を愛でるのか・・・?


しかし、おたまの力ではここまでしか調べられないので、
「ふふむ」はここであきらめて、
(結局何も調べてはいないかなぁ~・・・反省)
今回、もう一つ、気になったことがある。

それは、「花蕾」。
もちろん「花と蕾(つぼみ)」のことを意味するが、
花蕾類となると「からいるい」と読んで
蕾(つぼみ)を食用とする野菜ことを言うらしい。
つまり、
ブロッコリー・カリフラワー・アブラナ など。


今回の句では、「蕾」や「莟」も考えてみたけれど
ブロッコリーになっても困るし、
「莟」では、とても固いイメージになるので、
敢えて、「初恋」もイメージして、
「つぼみ」と、ひらがなにしてみました。


主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する