旧安田楠雄邸のひなまつり

20140302-1
(旧安田楠雄邸)


滔々と流れし時の雛あり
(とうとうとながれしときのひひなあり)

大正8年、「豊島園」の創始者である藤田好三郎氏によって建てられた建物。
大正12年旧安田財閥の創始者安田善次郎氏の女婿・善四郎氏が買い取られたそうです。

平成7年当時のご当主楠雄氏がなくなられたあと、寄贈されたご住居です。

その安田家では、長女の初節句に誂えた7段飾りに、
次女が生まれてからは、写真のように仲良く左右に内裏様を並べていらしたとか。


お雛様は、右が長女の内裏雛。
20140302-2


左が次女の内裏雛。
20140302-3




主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する