道場の修行も楽し風光る

20140226-1
(藪下通り沿いの公園ベンチ)

俳句ポスト第54回「風光る」の火曜日「今週の俳句道場」に
おたまの名前がありました。

そこで、うれしさのあまり1句。

本日掲載の「今週のお便り&俳句道場」では、
ウルトラのはとこさんが
「風光る」は「万物が輝きだそうとする春」のイメージと
言っていましたね。

まさに、おたまの俳句も、これから輝きだそうとする春(の予定)。


駆け出しのおたまとしては、
俳句道場であれ、名前だけでも見つけるととっても嬉しいのです。

しかし、これは、あくまでも道場への掲載。
今度は、俳句で評価されたい!


写真は、お気に入り。

フェンスの蔭とベンチの蔭。

風はないけど、風があるように見えませんか。


20140226-2
(藪下通り沿いの舞姫の像)

森鴎外記念館前(裏?)にあります。

ここからは、昔、東京湾が見えたとか・・・。
今は、スカイツリーが見えます。
(この時期は朧で霞んでいて写真に納まりませんでした)


20140226-3
(森鴎外記念館)

塀の一部がガラス張りなんて、粋なはからいです。
この銀杏の木は、森鴎外が住んでいたときからあったもの。
庭を覗いて見れば、三人冗語の石も見えます。






にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する