駒込[神社] 富士神社の富士に登る

富士神社1

5/27(日)のてくてく文京で、富士神社に立ち寄り。

てくてく出発前の本郷図書館で、「一富士、二鷹、三茄子」という言葉の発祥は、この駒込辺りとレクチャーを受け感銘。
富士は、もちろんこの富士神社。鷹は駒込病院あたりにあった鷹庄屋敷、茄子は駒込の名産だったとか。なるほど、駒込にはそれらが全て揃っているといたというわけだ。

発祥地説は、たくさんあるようで、徳川家康ゆかりの地・駿河の国の静岡県あたりのことわざで、これらは一説に駿河の名物を三つ挙げたものという説もありますが・・・。

富士神社2


もともと、現在の文京区本富士警察署付近(東大構内)にあった富士神社(本富士の地名起源はここから)が、加賀前田家の屋敷の建設に際し、1628年駒込の現在地に移転。拝殿は富士山に見立てた山の上にあり、江戸期の富士信仰の拠点の一つとなりました。


毎年6月末から7月はじめの山開きには夜店が出てにぎわいを見せます。


【駒込富士神社】
住所:文京区本駒込5-7-20
電話番号:03-3823-7894


富士神社の富士に登る谷中・根津・千駄木の地域紹介をしています。応援クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ

FC2 Blog Ranking



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 谷根千 | Genre: 地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する