谷中[坂] 明治坂(あかぢ坂)

あかじ坂
(写真は2007年3月下旬頃です)

不忍通から、根津神社と反対方向へ折れると、
アイス最中や今川焼き(季節で販売内容が違います)で有名な「芋甚」。
そのまま直進すると、外国人ばかりが宿泊する変わった旅館「澤の屋」があります。(写真右)
ここまで来れば傾斜が見えてきますが、それが「あかぢ坂」。

坂の上に、明治の大財閥、渡辺家の屋敷があったそうです。初代が明石屋治右衛門(ヂエモン)と言ったので略して「明治(あかぢ)」と言うとか。
「あかじ坂」とする方も多いですが「あかぢ坂」が正しいでしょう。
漢字で書くと「明治坂」です。
知らなければ、漢字からは「あかぢさか」とは、とうてい読めないですね。

明治の土地長者は岩崎家、三井家、峯島家(尾張銀行経営)、阿部家(旧福山藩主)と続きますが、渡辺家は堂々五番目で、あの安田財閥の安田善次郎より上位なのです。明治10年、九代目が渡辺銀行を設立。しかし、この渡辺銀行が昭和初期の金融恐慌で倒産。根津や千駄木、谷中では損害を被った人が続出したと言います。
だから、人は皮肉って、この坂を「赤字坂」とも言うらしいです。

坂を登り切って右折すれば、大名時計博物館辺りです。


谷中・根津・千駄木の地域紹介をしています。応援クリックお願い致します。
ブログ村 東京情報
FC2 Blog Ranking

明治坂(あかぢ坂)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 谷根千 | Genre: 地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する