16 Comments
この「瑞枝賞」は、会員のみが対象。
「栴檀集」に掲載された作品から選ばれる。
①2016年に欠詠がない②新しい味がある③詩情がある④写生がある⑤季語が効いている。


20170816-2.jpg


推薦5句に選ばれましたが、そこでまで。


 ハチ公の尻尾に凭れ白日傘


選考委員のご意見が栴檀誌に掲載されていました。
「取り合わせが新鮮。洒落た詠みぶり、ハチ公の尻尾に写生と俳諧味。」

結局ですね、同人さんがいないこの賞も推薦5句どまりでした。
つまり、同人さんがいらっしゃってもいらっしゃらなくても、まだまだと言う事ですね。
でも、推薦5句、とても素直に喜んでいます。
ありがとうございました。


と言うことで、今年の大会の賞は、かすりつつも頂くことは出来ず。
来年こそは!と頑張ることに。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

おたまおばさん
Posted byおたまおばさん

Comments 16

There are no comments yet.
華子  
このネーミングはステキ!みずえ

おはようございます。
結社栴檀のコト 楽しく拝見しています。

南風は 12月号に 「年間回顧」という企画が載りますが
こういった「○○賞」はありません。。。ありませんと思います(笑)

会員の年間投句は すごい数になると思いますが その中で ノミネート
されるまで進むとは 快挙ですよね。おめでとうございます。たった5句?すごい。

この1年 「競詠」という企画が 南風の俳誌にあって その一人として がんばって参加してます。
で 思ったのですが 自分が(イヤイヤながらも)参加すると 俳誌の読み方も変わってくる。
それは 自分にとって すごくプラスだと 気がつきました。

どんな形であっても 参加型俳誌が 良いのかも。でも そこに やや強制がないと
一部の人だけの参加になる。。。だから こういう 瑞枝賞。。のような企画は良いと思いますね。

私は 自分の小さな作品が 誰かの目に留まって それを取り上げて貰えた時 すごく
感動します。投句数200ほどの句会で たった一人の方が 自分の作品を採ってくれた時みたいな。バンザーイですね。

2017/08/13 (Sun) 09:39 | EDIT | REPLY |   
信山  
すごい!~ですね

おはようございます。
初めてお邪魔します。いつも楽しく拝見しています。

「俳句界」で、いつもすばらしい句を拝見させていただいています。
結社でのご活躍もすばらしいですね。

「瑞枝賞」にノミネートは技量が高いことの証明ですね。
次回はきっとよい結果が待っていると思いま~す。

今朝、テレビを見ていたら不忍池の蓮が映っていました。
先日、子規庵に回りながら不忍池の蓮を見てきましが沢山の花に

びっくりしました。でも、納得がいく句は読めませんでした。
きれいなものに、句づくりは難しいですね。

ではまた、お邪魔させていただきます。

2017/08/13 (Sun) 10:16 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
大会の事

華子様、こんばんは。

5月に大会があって、8月号にその大会の様子が書かれています。
今年は、行けなかったので読んで行った気分に。

南風にも、新人賞とかないですか?
大会のタイミングであるかと思うのですが、結社によるのかしら?

今回は、どの賞にも名前が載ったのでちょっと爪痕を残した気分。
来年は、ワンランクアップ狙ってと思いますが、
どうなるでしょうね。

とりあえずは、日々の俳句を詠んで貯めて推敲して・・・、だと思っています。

2017/08/13 (Sun) 21:08 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
俳句界

信山さま、こんばんは。

信山さまのお名前が俳句界で見られることありそうですか。
少しずつお友達の名前が増えて、月末が楽しみです。
せっかくの葉書投句されませんか?

子規庵・不忍池に行かれたのですか?
もしや、東京にお住まいですか?
蓮池は、長い事楽しますね。
俳人も枯れ蓮と言って、冬まで楽しむ。
でも、素人にはなかなか俳句にならない。
俳句にならないけど通う。
蓮池以外から、情報が入り込んでくることも・・・。

最近、ぷらぷらしていないおたまです。
理由は、自転車のタイヤの調子が悪い。
パンクはしていないのですが、空気がすぐ少なくなります。
もうタイヤ自体が寿命なのかも。
自転車がないと、バスとか電車とかでは、上野行きもちょっと面倒ですね。

句友経由で、俳人協会の『新東京吟行案内』を買いました。
暇なとき見ると楽しいです。
今度は、ここに行きたいとか・・・。
俳人のお薦めの吟行コースってここなんだぁ~とか。
焦らず、飽きずに長く俳句楽しめたらと思います。

2017/08/13 (Sun) 21:33 | EDIT | REPLY |   
信山  
新東京吟行案内

はい、東京の郊外に住んでいます。
おたまさんの紹介された本を読ませていただいています。

「ノボさん」とか「俳句発想法 歳時記」とか大変参考になりました。
早速、「新東京吟行案内」も挑戦してみようかな?

その中のある場所で手帳片手にうろうろとしている人が増えるのでは?
そして、おたまさんとニアミス、な~んてことがあったりして・・・・・・

では、また。

2017/08/14 (Mon) 00:28 | EDIT | REPLY |   
みの  
銅像のはな子の鼻や秋凭れ

こんちは~。

吉祥寺のハモニカ横丁から失礼します。

パンクはしていないのですが、空気がすぐ少なくなります・・・虫ゴムの劣化ですね。では、さいなら。

2017/08/14 (Mon) 11:37 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
いずれどこかで

信山さま、こんにちは。

東京郊外にお住まいなのですね。
『新東京吟行案内』をご購入されたら、いずれどこかでお会いできるかもしれませんね。
手帳を片手にしていたり、カメラやスマホで写真撮っているおばちゃんがいたら、もしかしたらおたまかも(ウフフ)。

その時はよろしくお願いします♪

2017/08/14 (Mon) 16:03 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
蝉時雨西郷像を埋めたる

みの様、こんにちは。

おたまも、ゴムの劣化かと思います。
タイヤ交換でどれぐらいかかるんだろう?

自転車を買い換えるには、結構勇気が要ります。
この先、どれぐらい自転車に乗る事があるのかと。
それも、電気自転車なのですよ。
坂多き町に住んでいるので、電気自転車でないと無理かと~

車免許証返上があるように、自転車返上も考える必要があるのかも?

それにしても、みのさん逃げ足速いですね!

2017/08/14 (Mon) 16:10 | EDIT | REPLY |   
みの  
雲割れてぽつと日の射す二重虹

こんばんは~、

ちゃいます。虫ゴムです。100均で売ってます。

話は変わりますが、江戸川区俳句連盟の俳句大会が11月3日(金)にあります。 
応募しめきり9月8日(金)
200字詰め原稿用紙に2句 季節問わず 郵便小為替1000円同封
事前投句、事前選句のようです。
選者:中西夕紀、星野高士、山﨑千枝子

2017/08/14 (Mon) 17:37 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
雲重き夕をかなかな鳴きにけり

みの様、こんばんは。

虫ゴムですね。
と言っても、自分では出来ないので自転車屋へ行って来ます~

江戸川区俳句連盟の俳句大会は、どの句もOK?
送り先はどこでしょう?
調べたけどわかりませんでした。
ちょっくら頑張って見ますかね。

2017/08/14 (Mon) 21:24 | EDIT | REPLY |   
みの  
夕暮の怪しき空や秋湿

こんばんは~、Ⅱ。

そんなん、虫ゴムの交換なんかできますよ~、まあ、自転車屋の営業妨害はしませんが。。。

そ~なんですよ、ネット検索しても出ませんね、簡単なのしか。
あまり投句されたくないのか。
私どもの練馬区俳句連盟の例会でチラシが配られたわけです。追加情報として、
2句一組で一人一組。季節は問いません。未発表に限ります。
〒、住所、氏名、電話番号を明記。
〒133-0044 東京都江戸川区本一色1-12-1-722
江戸川区俳句連盟事務局 宮島 宛 (下の名前と電話は個人情報なので省略)

認証:9393→句作さ

2017/08/14 (Mon) 22:03 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
秋の雨怪しき影も揺らぎをり

みの様、お早うございます。

情報ありがとうございます。

虫ゴム、今日行こうと思ったら雨ですね。
それに、自転車屋さん、まだお盆休みかも?
近くへ買い物ぐらいはどうにになかるので、そのうち自転車屋さんを頼ります。

2017/08/15 (Tue) 07:23 | EDIT | REPLY |   
海音  
同じく情報ありがとうございます

 「投句だけ地方俳人」の私も、活躍の場がありそうです(笑)

江戸川区俳句連盟秋たちぬ

2017/08/17 (Thu) 12:34 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
スピカ

海音さま、こんばんは。

海音さんの活躍楽しみにしています。

おたまは、趣味俳句の一環で楽しみます。
自分の俳句試しというか。
選に入ったらミーハーな気持ちで大会に出席をさせて頂くとか。
趣味俳句なので、根底にはそんな気持ちもあったりしますね。

でも、本当の気持ちはどんななんでしょう。
自分でもよくわかりません。
今は、頑張って見たい気分、そんなところです。

今、スピカの「つくる」の連載がちょうど「賞」についてですね。
興味を持ちながら毎日を楽しみにしています。

2017/08/17 (Thu) 21:14 | EDIT | REPLY |   
海音  
追伸

 私は受賞自体が目標というより、自句の推敲や点検という勉強が目的。従って句をみてほしい選者がいるところにしか応募してません。そうじゃないと投句料もかかりますし、句も足りませんからね。(今回は中西氏と星野氏の選が目標)

2017/08/17 (Thu) 21:23 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
Re: 追伸

海音さま、お早うございます。

自句の推敲や点検その通りですね。
趣味俳句人としては、俳句界に投句する事で自句の傾向を計っています。
最近、選んで下さる先生に変化が出てきたのを感じます。
これは、自句の傾向が変わってきたものと思うように。

毎年、これはと思っていた句で出番がなかったものを貯め込んでいます。
いつか出番があるだろうと。
ところが、いつかと思って貯めている数年前の句は、今読み直すときらめきというか魅力が感じない。
(数年前と行っても句歴が浅く2~3年ぐらいですが)
俳句が古ぶのか、おたまが新しくなっているのか。
後者だろうと、前向きに受け止める事に。

2017/08/18 (Fri) 06:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply