8 Comments
スピカの「つくる」を読むのが日課♪
今月は、野口る理さん。
「賞が欲しい」という話からスタート。
1ヶ月で、この話はどんな展開に・・・?


おたまは、詠み貯めた俳句がグリコのおまけに化けたら楽しい♪
そんな気分で、せっせとあちらこちらへ投句。
だから、没も気にならない・・・。


結社の第7回「栴檀賞」、20句1編。
20句1編にまとめるのは大変なのか応募数が少なかったそうだ。
応募数を聞くに、少ないというより少なすぎる感も。
その少ない中で7番目。
それでも、同人さんと同じ土俵なので、まずまずと言ったところか。。。


*落選20句は、他で使えるかも?、と言う事で、ここでの掲載は省きますね。


20170809-1.jpg
(先日、東麻布で打ち合わせ。ちょっと時間が早かったので東京タワーの見えるところまで行ってみました)


野口る理さんのお話、どんな展開になるのか楽しみにしています。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

おたまおばさん
Posted byおたまおばさん

Comments 8

There are no comments yet.
百合かがり  
No title

おたまさん、こんにちわ!
先日のNHk俳句おめでとうございます。そして、他にも、数々 おめでとうございます。

>おたまは、詠み貯めた俳句がグリコのおまけに化けたら楽しい♪
そんな気分で、せっせとあちらこちらへ投句。
だから、没も気にならない・・・。

このおたまさんのコメント、(考え、姿勢) 私の座右の銘!にしておりますよ!(オーバー?)
プラス 年金暮らしとか夫の体調とかの理由もあり、家に居ながら投句を、俳句を楽しんでいます。
しかし、やはり、楽しくなんてできないよ~そろそろ辞めようかな~とか思うこの頃です。
今朝のおたまさんのブログでまた勇気が出ました。

2017/08/09 (Wed) 10:30 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
それぞれの形

百合かがりさん、こんばんは。

最近ね、ブログに熱が入らず、結果ばかりを並べています。
この結果ばかりを並べるの、自分の俳句史みたいで好きです。
選に入っても、没になっても我が子のように可愛い句。
没も並べればいいのだけど、推敲したらいい句になるかも?と、親ばかな考えしています。


> このおたまさんのコメント、(考え、姿勢) 私の座右の銘!にしておりますよ!(オーバー?)
> プラス 年金暮らしとか夫の体調とかの理由もあり、家に居ながら投句を、俳句を楽しんでいます。
> しかし、やはり、楽しくなんてできないよ~そろそろ辞めようかな~とか思うこの頃です。
> 今朝のおたまさんのブログでまた勇気が出ました。

俳句との関わりは、人それぞれの形があってよいかと。
百合かがりさんは百合かがりさんの、おたまはおたまの形があって、根っこは「俳句」で繋がっているって素敵ですよね。
制約がありながら、少しでもベクトルがしっかり俳句に向いている百合かがりさんのその姿素敵だと思います。

おたまは、ちょっと仕事が忙しいと気分が俳句から遠ざかります。
7月は、結構仕事が忙しかったので俳句の貯金がないのです。
だから、今、四苦八苦しています。
投句締切が目白押し。。。
今日は、これから俳句。
明日も、俳句となりそうです。
なかなかコメントしませんが、百合かがりさんのご活躍も拝見させて頂いていますョ♪

2017/08/09 (Wed) 20:26 | EDIT | REPLY |   
海音  
ぼちぼちと

 私は賞に応募する前に、「自分で未発表句をそろえ、辞書を引き、歳時記を読んだり、句の並べ方を試行錯誤した」経験の方がかなり勉強になりました。(何十句単位の賞に応募する前に、もうかれこれ、20回以上です)

2017/08/10 (Thu) 07:21 | EDIT | REPLY |   
百合かがり  
No title

>制約がありながら、少しでもベクトルがしっかり俳句に向いている百合かがりさんのその姿素敵だと思います。

おたまさん、有難うございます。
私 、俳句始めてその俳句が私の自分史になっているような気がします。

そうですね!自分の俳句は「子供」!のようにいとおしく感じることや恥ずかしいと感じることがあります。
おたまさんの様に「親ばか」心で(俳句を詠む事、詠む気持ち)もっと大切にします。
丁寧なコメント返事有難うございます。

2017/08/10 (Thu) 07:46 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
いろいろと

海音様、いろいろと教えてくださりありがとうございます。

おたは、まだ3年目なのですが、そろそろ、その何十句というのに挑戦したく。
結社賞が先ず手始めかと。
でも、七番目ですから、まだまだ先は長いですね。

>  私は賞に応募する前に、「自分で未発表句をそろえ、辞書を引き、歳時記を読んだり、句の並べ方を試行錯誤した」経験の方がかなり勉強になりました。

栴檀の主宰も角川賞を頂いていらっしゃるのですが、その当時のお話しを伺ったりしています。
その当時は、テーマ性のあるものが流行ったとか。
紗希さんも、テーマ性のある時期があったと話していらっしゃいましたね。
年代によって、求められるものが変わると言うことでしょうか。

でも、根底には、海音さんがおっしゃる事が無いとダメですね。
回数を重ねて身につけたいと思います。
いつもいろいろありがとうございます。

2017/08/10 (Thu) 12:51 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
タイムリーに

百合かがりさま、今日のね一句一遊(ラジオ)で「俳句という1点でつながる幸せ」と組長が言っていました。

この一句一遊は、うまい下手ではないかと。
俳句を愛する人たちの集まりかと。

> そうですね!自分の俳句は「子供」!のようにいとおしく感じることや恥ずかしいと感じることがあります。
> おたまさんの様に「親ばか」心で(俳句を詠む事、詠む気持ち)もっと大切にします。

結社の主宰が「生活を詠みなさい」と言います。
去年?今年?読んだ岡本眸さんの本から「俳句は日記」と学びました。
百合かがりさんもそうだと思うのですが、ブログ読み直すと胸が締め付けられる思いがすることありませんか?
おたまブログは、おたまにとってそうあって欲しいと思います。
ブログ=俳句は、自分の日記、記録かと。

有名俳人さんになることを考えているわけではないので、なおさらです。
「親ばか」の気持ちで、自分の記録を十七音で残したいと思っています。
それが共感得られれば、なおさら嬉しいことだと。。。

2017/08/10 (Thu) 13:00 | EDIT | REPLY |   
鳥見山走子  
No title

賞が欲しいとかって、無いわけでも無いけど(笑)
だんだんと、そういうのはどうてもよくなって来ましたねぇ。
俳句は自分にしかわからない暗号みたいな日記俳句しか作れないし(笑)
自分の記録のためだけに十七音に纏めている感じですね。
頭の体操にはなるので休まず続けてますけど。

2017/08/10 (Thu) 15:55 | EDIT | REPLY |   
おたまおばさん  
積み重ね

山走子さん、こんばんは。

毎日、続けていることが結果を招いているかと。
欠かさず続けてかなり立ちましたよね。
それが、大賞に繋がっていると思うんです。

あのボソッて嘆きのような俳句好きです。
毎日、楽しみに見に行く1ファンです。
理想の形かと。

2017/08/10 (Thu) 20:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply