夏至過ぎて

今年の夏至は6月21日。
そこから11日目、もしくはそこから5日間を半夏生と言うそうです。
「はんげしょう」と読み「雑節」のひとつ に当たります。
今年は、7月2日(~6日)でした。

7月2日、スーパーに行ってビックリしたのが「半夏生蛸」と称して蛸が売られていた事。
関西の方では、半夏生の時に蛸を食べるらしいです。

おたまは、俳句をはじめるまで、この半夏生という言葉さえ知りませんでした。
一般的に、その半夏生という言葉も、蛸を食べる風習も浸透していないのにそれを売ろうというスーパー。
この商魂には、ちょっとビックリ。
数年後には、節分の恵方巻きのように、定着するのでしょうか?


20170705-1.jpg


夏至の頃になると思い出す一句があります。
子規にとって、さぞかし苦しい夏だったのでしょう。


夏至過ぎて吾に寝ぬ夜の長くなる   正岡子規

主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する