考古学者の卵

先日、子どもが小学校の時のママ友飲み会があった。

どこの大学に進学したとか、就職したとか、子どもの話が中心で・・・。

その話の中で、子どもがとても仲良かった子が大学の考古学に進学したという話が。。。

実は、子どもが小学校1年の時だったか2年の時だったか、当時住んでいた我が家の庭に穴を掘る遊びが流行ったことがあった。
庭を掘ると石がごろごろと出てきた。
その石のひとつを大事そうに家に持って帰った子がいた。
その考古学を学ぶことになった子だ。
その時、その子は、「○○の化石だ」、「○○の歯だ」、「○○の骨だ」、そんなことを言っていたように記憶している。

で、考古学に進学したと聞いて、その穴掘りと石を持ち帰った話をした。
ママは何も覚えていなかったけど、家に帰って子どもにその話したらしい。
そうしたら、「あー、あの石だよ」と。
その時の石が家にあったそうな。

写真を送って頂いたので、こちらで披露しちゃいましょう。


20170605-1.jpg


考古学に進むことになったのは、もしかして、あの時の穴掘りがきっかけだったのでは?と、ほくそ笑んで何度も石の写真をながめているおたまでございます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する