ツツジとサツキ

「ツツジ」と「サツキ」の違いがわからないか調べていたら、葉の形状とか、花の咲き方とか、花の咲く時期とかの違いが書かれていた。
そして、「さつき」は五月(陰暦)に咲く「さつきつつじ」の略であり「杜鵑花」と書くのは杜鵑(ほととぎす)が鳴くころ咲くことに由来するとも、あった。

実際に見た目の判断は結構難しい。
今咲いているからサツキ、そんな判断?
見た目、こんなに似ている花を季語として詠み込む場合、「ツツジ」「サツキ」はどのように詠みわけるのだろう?
ややこしいこの季語は、おたまには使い分けは無理そう・・・。


20170523-1.jpg


襖除り杜鵑花あかりに圧されけり    阿波野青畝

主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/23 (Tue) 16:36 | # | | 編集
ありがとう

鍵コメさん、コメントありがとう。

久々のヒットになりました。

鍵コメさんもたくさん登場でした。
皆さんのお名前を探すのがとても楽しみです。
時々、やめたくなることがあるのですがもう少し続けてみましょうか。
今月は、そんな気になりました。

2017/05/23 (Tue) 20:57 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する