涙もろし

みなさんの俳句に触れて、すぐ涙の出てきてしまう今日この頃。
嬉しくても、悲しくても、泣けてしまう。
「よかったね」とか「頑張っているね」とか「悲しいね」とか・・・は、もちろん。
花が綺麗とか、空が青いとかでも涙が。。。
句友に「すぐ泣けてしまう」といえば、「素直に泣けばいいんじゃないの」と言われる。


20170519-1.jpg


先日の句会で、御祖母様がお亡くなりになられたという句が。
さぞかしお寂しいことと思ってメールしたら、「葬式の時、祖母が70歳まで俳句を詠んでいたことを知った」と、ご返信が。
「今度、その俳句を見つけてみようと思っています」とも。

是非、お探しになって下さいね。
そして、見つかったら拝見させて下さいね。


とはいへど涙もろしや老の春   高浜虚子


主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する