ミステリーバスツアー2

だるま発祥の「少林山達磨寺」へ。


20170324-4.jpg


長い階段でしたが、ランチまでにこんにゃくでいっぱいのお腹をどうにかしないと・・・。
それ以上に問題は、悲鳴を上げている左膝。。。


20170324-2.jpg


20170324-1.jpg


ご用を終えただるまがたくさん納められていました。


20170324-3.jpg



主に、谷中・根津・千駄木界隈で俳句詠んでいます。
↓応援クリックして頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

No title

地元です。だるま騒動で揺れています。

2017/03/24 (Fri) 11:36 | クズウジュンイチ #- | URL | 編集
ご無沙汰です

クズウジュンイチさま、聞いてくださいよ。
最近、俳句を詠もうって気持ちが減少しているんです。

そこに来て、昨日俳句界4月号が届きました。
自分の名前を探すのにすごく苦労した。
2015年ぐらいが1番のピークで、2016年の秋ぐらいから不調。
俳句がかすんでみえて、私の中の俳句のねじが狂ってきている。
今回、俳句界を見てため息しかなかったのです・・・。
昨日は、なかなか眠れず、俳句雑誌を読むことに。
あの冊子にも、この冊子にも登場される曽根新五郎さんというお名前が目にとまってググってみました。
曽根新五郎さんの句集があるのがわかって、古本しか見つけられなかったのですが(それもたった1冊)、一晩考えて、今朝ポチってしてしまいました。
たぶん、明日届くはず。

こんな状態の時は、どうしたらいいんでしょう?
また、いつか話聞いてください。
たくさん話があります。

> 地元です。だるま騒動で揺れています。

この辺り、菠薐草がありますか?
梅の林は、バスから見えました。
バスからだったので写真が撮れず・・・。

せっかくの名物が、騒動で分裂では悲しいですね。
落としどころはないのでしょうか。

2017/03/24 (Fri) 12:58 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
No title

曽根さんは炎環と藍生に入っていらっしゃるようです。式根島の校長先生だったはずです。昔の黒田杏子さんの本で、当時の曽根新五郎青年と式根島で出会うシーンがありました。俳句についていえば、稲畑汀子さんに「俳句なんてやめたってどうってことないですよ」という名言があります。悩まないことが大事なのではないでしょうか。一度お会いしてお話を伺いたいものです。

2017/03/24 (Fri) 14:42 | クズウジュンイチ #- | URL | 編集
クヨクヨは 俳句のオマケです

清子様 こんばんは。

不調だったんだ!みたいに驚いてます。
先日から 良い結果だしていましたよね。
俳句界が ダメなだけですよね。

不調の人って そこまで バンバン投句出来るの?(笑)

清子様も 結社に入ってますから 先輩達の 浮き沈み 見えてると思います。
それを乗り越えて 俳句歴何十年。。ってあるんですよね。本当に素晴らしいことです。

私も そんな先輩達の真似ができるかしら?とか思うと 自信は無いけど
結果に躓いても 立ち上がらないとダメなんだな。。ってことだけは 学びました。
そこが 一番 大切なコトであることは 学びました。

で 私は まぁ。。。その学んだ「俳句」を目指そうとは思いますが マイナス思考の
キャラなんで いつまでも ウダウダ・クヨクヨしてます。

華子も クヨクヨウダウダしながら 詠んでること 忘れないでね。みんな 一緒よ。

2017/03/25 (Sat) 00:19 | 華子 #s1IOzH.I | URL | 編集
ありがとうございます

曽根新五郎さん情報ありがとうございます。

その黒田杏子さんとの話、興味津々です。

自分を追い込んでいる時点で、俳句とは離れずにいるということですから、完全に俳句が抜けてしまってはいないと言うことですね。
このところ、嘆きたくなるときが度々あるんです。
これは、裏返せば、俳句を捨てたくはないって事かも。
この嘆きに、お付き合い下さってありがとうございます。

本日曽根さんの本届くかしら?
楽しみでワクワクです♪

2017/03/25 (Sat) 08:10 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集
クヨクヨもおまけなんですね

華子さん、お早うございます。

> 俳句界が ダメなだけですよね。

私ね、1日10句って話していましたっけ?
1日10句は難しくても月300句ならどうにかなる。
いや、どうにかなっていた。
このところ、俳句考えようって思わない日が多いの。
何かに感動して詠むことがなく・・・。
投句するために詠んでやっとエクセルに100句ぐらい。
この辺りが、嘆きの原因。
私の生活から俳句が溶けてなくなっていく淋しさ・・・。

時間が経てば、戻るかなぁ~?
焦らず、とりあえず目の前の句会と投句をこなして行けば、以前のようになるかなぁ~?
そんなこと考えています。

華子さん、お優しい言葉ありがとうございます。
浮き沈みはみんな同じなんですね。
詠むことを完全に忘れない、離れない。。。
焦らないことが、良薬ですね。
ありがとうございます。

2017/03/25 (Sat) 08:22 | おたまおばさん #2TS3CODM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する