椿にもいろいろ

椿にもいろいろあるんですね。
椿で「死」を詠んだ句が多いことに気が付きました。
椿はそういうイメージなのでしょうか。

でも、写真の椿は、もしかしたら樋口一葉か律かと感じました。
若さの中にしっかりとした芯があるような。。。


20170311-1.jpg



生と死と真赤な椿地になごむ     原直子
はじまりもをはりも椿なら死ねる   鳥居真里子
死ぬまでは椿のままわたしのまま  柿本多映

寒椿も同じですね。
寒椿の紅凛々と死をおもふ      鈴木真砂女
死顔は見ずに戻りぬ冬椿       廣瀬直人
産むゆめも死ぬゆめも見つ寒椿   正木ゆう子



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

Theme: 俳句 | Genre: 小説・文学

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/12 (Sun) 08:27 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する